電柱

WordPress ダウングレード手順について

WordPress3.5にアップグレードしたら、バグが出て、ブログの表示がおかしくなったため、ダウングレードすることにしました。

ブログは、WordPress3.4.2で構築されていたため、3.5から3.4.2へリリースダウンさせるわけですが、ここで、絶対に消してはいけないフォルダーやファイルなど、後のために、ダウングレードの手順について、メモとして残しておきます。

3.5にして、エラーが出た時はプラグインを疑ったのですが、全く関係なさそうです。

プラグインが関係しないなら、お手上げですね。

クリスマスツリー

まず、ダウングレードの準備として、絶対に消してはいけないファイルやデータ、フォルダーをコピーしておきます。

  1. サイト全体のバックアップを作成します( 設定とデータ)。
  2. もし、前回のバックアップが残っていたら、これも消さずに残しておきます。
  3. フォルダー「wp-content」は、上書きしてはいけないので、念のため、フォルダーごと、ローカルディスクにコピーしておきます。
  4. ファイル「wp-config.php」には、データベースアクセス用の設定が含まれているため、これもローカルディスクにコピーしておきます。
  5. 他に、「.htaccess」やグーグル用などの、後で追加されたファイルも、一応ローカルディスクにコピーしておくと安心です。
  6. 過去のバージョンファイルは、WordPress日本語サイトから入手できます。
  7. ダウングレードしたいバージョンのZipファイルをダウンロードして、解凍しておきます。
  8. FTPソフトで、サーバーにアクセスし、サーバー上のファイルを、解凍したローカルのファイルと置き換えます。
  9. このとき、過去バージョンでは存在しないフォルダーやファイルは、削除してしまいます。
  10. 間違ってファイル「wp-config.php」を削除した場合は、ローカルからコピーします。このファイルがないとダッシュボードにアクセスできません。
  11. 全てのコピーが終了したら、ダッシュボードにアクセスします。データベースを更新しますか?と出て来たら、更新します。

もし、間違ってwp-config.phpファイルを消してしまい、バックアップもない場合は、データベースのユーザーを追加して、ユーザー名とパスワードを新しく入力すれば、ダッシュボードが表示されます。

以上がダウングレードの手順です。

これを2回も実行したので、間違いないと思います。

つかれた・・・・