房総の穴紀行・数馬 信仰の名残り

房総の穴紀行・数馬 信仰の名残り

前に、上総湊の記事を書いていた時、上総湊には「穴」があったと気づき、昨年の暮れに、富津市数馬の岩屋堂やぐら群を訪ねたときの写真を探しだしました。

南房総には、鎌倉文化の影響を受けた遺構が多く存在しているので、岩窟をやぐらと呼ぶのもその名残でしょう。

とにかく、行ってみたらすごかった、富津市数馬の岩屋堂です。

スポンサードリンク

上総湊の駅を降りて、127号線に出たら、湊交差点を右に曲がり、93号線をひたすら湊川の上流に向かって歩いて行くと、数馬地区に出ます。

左手に緑の壁が見えたら、看板が立っていますので、その坂道を来た方向へ戻るように上がっていくと、そこが数馬の岩屋堂やぐら群です。

やぐら群

古墳時代の横穴の壁には、中性から江戸時代にかけて彫られた五輪塔や仏像などが残ります。

もともと、房総は穴を掘りやすい柔らかな岩肌なので、やぐら群の彫りものは、長い年月の間に自然風化して彫りが薄くなっていました。

手掘り仏

いかにも手掘りらしい雰囲気の穴の中、彫られた当時は、仏様の顔も眼鼻がはっきりとしていたことでしょう。

やぐらというのは、中世のお墓のことで、鎌倉時代から室町時代にかけて多くつくられたそうです。

やぐら内部

この岩屋堂のやぐらの内部には、きれいに仏様が並んでいました。ここは、お墓として使われたのではなく、祈りの場として使われたように見えます。

しかし、内部の彫りものも、徐々に表面が落ちて、いつか消えてしまいそうです。

観音堂

やぐら群の前に建つ観音堂は、きれいに改築されていました。

訪問したときは、やぐらに入るためのカンテラが用意されていましたが、今では電灯が設置してあるようです。

でも、電灯があったとしても、上階のやぐらに上るには、ちょっと勇気が要ります。

仏

やぐらの壁にびっしりと彫られた仏様を見ると、昔の人々の信仰の深さがわかります。

数馬地区では、この岩屋堂やぐら群を保存していく方針のようですから、これ以上、仏像が劣化しないことを祈ります。

数馬の岩屋堂やぐら群の地図はこちらです。

スポンサードリンク