日鐵チキ返空など地味鉄

日鐵チキ返空など地味鉄

湿気が高くなると、古傷が痛む・・・・ということで遠出はなし。

地元で地道に撮影しています。

昨日も今日も京成で人身事故がありましたが、さすが再開早しでしたね。

でもJRは深刻で、昨日は酔っぱらいがはねられて両足切断、今日は人身事故の巻き添えでけが人。

もっと最悪なのは、それで足止めくらった人たちです。

スマホ持ってホームから転落してはねられた人もいましたし、でもまあ、歩きスマホも酔っぱらいも同情の余地なしですけど。

何かの本か雑誌で、ノイローゼになって飛び込んだけれど生き残ったという人の話がありました。

その瞬間、正気に戻るそうで、スローモーションのように電車が自分に向かってくるのが見えるという恐怖。

そしてその時初めて死にたくないと思うそうで、失敗すると、二度とやろうと思わなくなるらしいです。

さて、ぐずぐず天気の中、昨日は日鐵チキの返空があったので、それだけ撮影しようと出かけました。

DE10-1697日鐵チキ返空

西船で東西線に乗り換えるということが思いつかなかったので、後追い撮影になりました。

線路に沿って歩けば、どこか撮影場所もあったでしょうが、そんな気力なし・・・・

DE10-1697は空のチキを牽いて新小岩方面に走っていきました。

こちらも、DE10-1697のあとを追うように電車に乗り込みます。

DE10-1697

本当に気力がなかったので、帰宅しようとしていただけ・・・

でも、新小岩で快速に乗り換えようとしたら、ちょうどDE10-1697が入換作業の真っ最中でした。

ヘッドライトが点灯していないですね。

DE10-1697入換

それならもう一方のエンドはどうだ・・・

やはりヘッドライトは点灯せず、がっかりです。

DE10-1697がホームのずっと向こうに消えてすぐに快速が到着したので、それに乗り込んでほっと一息。

時計を確認すると、然程待たずに鹿島貨物を撮影できます。

EF64-1018

それで、途中下車して鹿島貨物を撮影。

この日はEF64-1018でした

1019も1012も1046も西に帰ってしまったので、次はいつ来るのか、来ないのかわかりませんね。

1049とか、鹿島に送ってくれないでしょうか・・・・

とにかく、予想外でしたが無事に鹿島貨物も撮影できて、このまま帰宅しました。