田端操・金町工臨

田端操・金町工臨

イギリス問題は、なんだか映画のようになってきましたね。

残留派と離脱派が判断基準にしたデータがどこにあるのかと探しましたが、見つかりません。

ネットにアップされていないだけかもしれませんけど、まさか、国民によくわかるような可視化データがない???

というか、具体的な数字を調査せず、のような感じとか、のような気がするで、投票したんでしょうか・・・

てっきりイギリスには、移民アレルギーがあるとばかり思ってましたね。

ダイアナ元妃妊娠疑惑で、将来の国王に移民の血を引いた兄弟ができるとはけしからんと、あの事故は陰謀ではないのかと世間が騒ぎました。

真実は闇の中ですが、ともかく王室はその一線だけは守ったということです。

ま、今の面白いドラマの結末が、どう落ち着くのか楽しみですわ。

さて、今週はいろいろ忙しい週なので、暇があれば掃除掃除・・・・

あの掃除の最中に、田端操工臨がわかったので、一応一区切りついたところで撮影に。

DE10-1704入換

金町に到着した時には、すでに新小岩からチキが到着していたので、入換作業を待つことにします。

この日は田端操工臨と金町工臨がくっついてました。

連結

まずは金町工臨のチキに連結し、そのまま奥に牽いていきます。

金町工臨

いつも金町工臨のほうが短い・・・

このままポイントをいくつも越えて、一番奥へチキを押し込んでいました。

入換

次は田端操工臨の番。

曇っていて湿気が高くて蒸し暑い日なので、DE10-1704の窓は全開です。

DE10-1704とEF65-2127

前出しを待っていると、EF65-2127が通過、久しぶりにEF65-2127を見ました。

最近、蘇我ピストンに入っていたっけ???

田端操工臨

田端操工臨の前出し。

これが終わると、撮影は無理なので、撤収ということになります。

DE10-1704とEF65-1103

帰り支度をしていると、新小岩にロンチキを届け終わったEF65-1103が単機で戻ってきました。

金町での撮影はこれで終了。

この日は行きも帰りも京成と新京成でした。

京成3600形

松戸から新京成で戻ってくる途中、3600形とすれ違ったので、踏切で津田沼から戻る3600形を待ちました。

最近、京成も新京成も撮影していません。

ぽちぽち撮影しようかな・・・

それにしてもこのポンド安・・・

ポンドで買い物をするので安くなったのはすごくうれしいですね。

送料も安くなったのは、本当にうれしい、当分今の価格のままがいいです。