ぴっかりDE10-1697と鎌取停車特急わかしお

ぴっかりDE10-1697と鎌取停車特急わかしお

地震雷火事親父と言いますが、最近は事故と地震が続きます。

鳥取の地震は中央構造線とは関係なさそうということですが、震源の深さが10キロなのが気になりますね。

中央構造線を見ていくと有名な神社がその線上に並んでいます。

中央構造線上では何かしら起こるということを、昔の人はみんな知ってたのかもしれません。

東の端には鹿島神宮があって、香取神宮と一緒に地面を押さえているはずなんですけど。

それに、中央構造線上には磁場が狂う場所が確かあったような・・・・

地球の奥深くにまで亀裂が入っているわけですから、何か起こっても不思議ではないかもしれませんね。

さて、長く木更津に常駐していたDE10-1571が去って、やってきたのは全検明けのあれでした。

DE10-1697木更津到着

最近秋田から戻ってきたばかりのDE10-1697です。

そりゃ、目も眩むほどのピカピカの車体。

DE10-1697プレート

新品同様。

まだ長距離のお仕事をしていないので、全然汚れていません。

DE10-1697入換中

早速入換開始。

いつまで木更津に常駐してくれるのやら・・・・

DE10-1697入換

順光だと、より綺麗に見えますね。

この日は暑かったので、DE10-1697の窓は全開でした。

車庫入れ

こうして、無事に車庫入れも完了。

車庫にはまだキハE130系の105番が入っていて、DE10-1697と並びました。

そういえば、木更津にミサゴがくるとか、久しぶりにスポッターやるかな・・・・

DE10-1697が車庫に収まったのを見届けて、すぐに蘇我方面に取って返します。

この後は外房線へ。

特急表示

ブリジストンオープン・ゴルフトーナメントの予選2日間は、通常の特急わかしお14号が鎌取に停車しました。

先週のジャパンオープンのコースは、フェアウェイはナローでくねくね、ラフはニラ畑というものすごく難しいコースでしたが、今回の袖ヶ浦カントリーはどうなんでしょう。

プロトーナメントを開催するようなコースなので、難しいのは当たり前ですが、グーグル先生のマップで見ると、グリーン周りはバンカーだらけ・・・

グリーンに近いバンカーは本当に難しいので嫌いですね。

わかしお14号

通常は停車しないわかしお14号が速度を落として走ってきました。

ここはアイランドホームなので、走って来るときはよいのですが・・・

特急わかしお鎌取停車

次の電車は特急です、特急券が必要ですって、駅員さんが何度も繰り返していました。

どのくらいの人が乗車したのかはわからず。

まだ予選だからな・・・・予選のほうがのんびり見学できて好きですけど。

袖ヶ浦カントリーは鎌取が一番近い駅なので、ピストン・バスを利用して駅に戻ると、この特急に間に合うのかな???

そういうことを考えてぼけッとしていると、車掌さんが駅員さんと挨拶を交わして、わかしおは京葉線方面へ。

この土日の決勝戦は、臨時のわかしおが走りますね。

決勝戦のほうがホームには人がたくさん居そうだ・・・・・

乗り場表示

特急乗り場もわかりやすくしてありました。

赤が5両編成、黄色が10両編成。

どちらもE257系なので、黄色だけでもよかったのではないかと・・・

でも、すごく親切ですね。

トーナメントのほうは誰が勝つのやら。

ゴルフも投資と同じで、欲がでると崩れるのよ。