京葉臨海鉄道を行く特大貨物輸送シキ180とケヨM71回送

京葉臨海鉄道を行く特大貨物輸送シキ180とケヨM71回送

連日の甲子園でわくわく。

友人のそのまた友人の息子さんが甲子園で頑張っているため、応援に熱も入ります。

昨日は勝ったと思った大阪桐蔭が負けてしまった・・・・

疑惑の足蹴りの件は、同じ選手が日本文理戦でもしっかりと足蹴りしていたし、どうなんでしょう。

一回だけなら事故、二回以上なら故意とも言いますけど。

足蹴った本人は、なぜか今日のスタメンを外れていたりして、なんだかなあ・・・・

相手はかなり痛がっていて、車いすで会場を退出していたようなので、謝罪くらいあっても良かったのでは???

人っていうのは、とっさに衝突しないように他人を避けるものだと思うので、あの足蹴りは事故とは言い難い気がしますね。

それもこれも、なんだかなあ・・・・

U18に選ばれた選手の面々を見ると、なんで東海大菅生の選手がいなんでしょう???と疑問。

ショートの田中選手とか選ばれていてもおかしくなさそう。

打率は良くても、足は遅いし守備も下手な選手が選ばれているし、出来レース???

話題つくりだけの選定なんでしょうか。

さて、前回は用事で行けなかったシキ180の特大貨物輸送を、今日はちゃんと京葉臨海まで撮影に行きました。

色々迷った挙句、電車では間に合いそうもないので、車でゴー。

現地に行ってみると、釣りをする人が次々と消えては堤防に上がっていくので、後を追うように虫に襲われながら背丈ほどの草の中を抜けて、反対側の堤防に上がりました。

KD604+シキ180

鉄橋の下をくぐって出た場所は、電線もなくすっきりでしたが、あまり行き来したくない状況・・・

暑い中待っていると、KD604が変圧器をのせたシキ180を牽いて通過しました。

トラスが目立ちますが、一度は撮影したかった場所なので、これはこれで良かったかも。

KD55 201

もう帰ろうとしたとき、KD55 201が貨物を牽いて千葉貨物駅方面へ。

KD55 201は久しぶりに見ました。

すぐ下の段で釣りをしていた方と少し話をさせてもらいましたが、日影でも暑そうな場所でした。

以前、場所は忘れましたが漁港へ撮影に行ったとき、海底に近いところでエサを獲る魚は、朝釣りたてより生け簀から上げたほうがおいしいと聞きました。

エサと一緒にヘドロなどを食べてしまうためで、泥だしできている生け簀の魚のほうが臭みが抜けるからだそうです。

そんな話をして、現場から撤収。

今日は蘇我陸橋の渋滞もなく、早く帰宅できました。

そして夜・・・

新中川橋梁へ185系の撮影に行っていたため撮影できなかった武蔵野線209系の転削返却回送を撮影するため、もう一度外出。

ケヨM71

今夜の貨物はなし。

少し待っていると、武蔵野線のケヨM71が来ました・・・・

ヘッドライト以外、何も表示がない。

低速シャッターでもキレッキレになるよりマシかもしれませんが、回送表示もないんですね。

武蔵野線209系回送

真っ暗かと思ったら、反対側の運転席の明かりは点いていました。

でも、せめて回送表示くらい出してほしかったりして・・・・・

客車の室内灯も消えていて、すぐに暗闇の中に消えていきました。

これで撮影は終了。

スキッと晴れない日が続きますが、気温はそこそこ高くて不快指数も高いんですね。