彼岸花と館山工臨

彼岸花と館山工臨

もうずっと前から、ドイツ銀行が破たんするかも・・・という経済ニュースが流れています。

ドイツ銀行は、日本の日銀にあたる銀行ではありませんが、破たんすれば、世界恐慌になるかもと言われています。

確かに、ドイツ銀行の株価は急落していますし、制裁金の額もとんでもない・・・

とはいえ、アメリカ司法省は、当初住宅ローン担保証券などの制裁金として1兆4200億円の支払いを求めていたようですが、50億円余りになるといううわさも。

このうわさのおかげで、ドイツ銀行の株価も上昇・・・・今のところ、うわさはうわさなんですけど。

為替や株の動きがうわさひとつで上下するのも面白い。

しょせんは水物、こんなものでしょう。

さて、JR東の千葉支社、貨物部門のストライキのせいで、9月の房総一周工臨は全ダメ・・・

と思っていたら、昨日はお正月以来の館山工臨が実施されました。

2チキの短い工臨でしたが、久しぶりの昼間の工臨だったので、東海道には行かず地元で撮影。

DE10-1752館山工臨

いつもの陸橋ではなく、短い工臨ならここでも大丈夫と思い、ちょっと低めの陸橋で。

DE10-1752と2チキは、うん、短かった。

このあと、しばらく駅で停車する工臨を追いかけて木更津へ。

木更津駅

木更津駅に着くと、いつもは消えているヘッドライトが点灯していたし、運転士さんはずっと乗り込んだまま・・・・

早いスジで動くかもと思い、早目に先行することにします。

トンネル

次の停車駅で下車し、気になっていた駅近くの撮影場所へ。

でも、全然線路は見えないし、近づけないしで諦めて駅へ戻りました。

モズを相手に待っていましたが、眠気が・・・・

手すりにもたれてしばし睡眠・・・

そのうち、回送電車が来ますというアナウンスで目が覚めて短いトンネルをくぐるDE10-1752を撮影。

やはり早いスジでした。

佐貫町

この日の運転士さんは2人。

一人旅だと退屈でしょうが、2人なら色々話こともあるでしょうし、何かあっても安心。

いよいよ南房総へ行く入口の駅である佐貫町ですが、ここはいつも駅舎も駅回りもきれいです。

というのも、まめに駅長さんが掃除をしてくれているから。

手洗いにはアマガエルがいますから驚かさないでくださいという張り紙もありました。

優しい駅長さんですね。

いつもはここで帰宅しますが、この季節、この時間。

もう少しだけ先に行ってみようと思い、安房鴨川行きの電車に乗りました。

彼岸花とDE10-1752館山工臨

工臨は、安房鴨川行きの後を追いかけるように発車してくるので、実はあまりあちこち歩き回る時間はがありません。

それで、駅近くに咲き乱れる彼岸花をいれて、DE10-1752とチキを撮影しました。

館山工臨

あそこに誰かいた・・・・・

ホキなら、鉄橋もありかな。

さすがに曇っていて、光のまわりも悪くなってきたので、ここで撤収、駅に戻ります。

彼岸花と209系

カンナとの花と彼岸花と満開の沿線。

乗車予定の209系を、カンナと彼岸花と一緒に撮影。

この電車は6両編成だったので、走った走った・・・・

帰りの電車では相変わらず爆睡しました。