Mue-Trainと連夜の房総向け工臨

Mue-Trainと連夜の房総向け工臨

最近、街撮りがしたくて、どうせなら何か課題を決めて撮影しようと考えてます。

以前、遊郭跡や岡場所跡を撮影してみようかと思ったことがあって、近くにそういう場所がないかと調べたらありました。

千葉市内にも遊郭と旧赤線地帯があったんですね。

遊郭は千葉新町で昔の船着場近く、赤線地帯はきぼーる裏手の旧地名蓮池という場所でした。

地名を聞けば、何度も言ったことがある場所で、写真も撮影済。

どちらも昔の風情は残っていないですね。

江戸時代に出版された旅行ガイドのような本には、旧海岸線に沿ってお茶屋がずらっと並んでいる様子が描かれていたので、おそらくあの辺りが遊郭なんだろうと。

今では海も遠く、面影はありません。

どこか別の場所を探さないとなあ・・・・

さて、うだうだ家で掃除をしていたらMue-Trainが久しぶりに成田線に入ったということで、上りだけ撮影。

Mue-Train

マリJ1と後追いでツーショットにするか悩みましたが、まあ正面から撮影しておこうということで陸橋の上。

屋根はきれいでしたね。

EF64-1005

しばらく待って、鹿島貨物のEF64-1005も撮影。

この場所は風が吹き抜けて地上より冷えるため、この2本だけ撮影して早々に撤収しました。

この日の夜は、連続して房総向け工臨が設定されていたので、昨日同様遅くに再び外出します。

EF65-2089

そしていつもの5971レ。

EF65-2089の後ろには前日の続きのロンチキが見えます。

ZM8A-10

さらに後方にはZM8A-10に車輪が乗せられ運ばれていきます。

5971レには時々こうした珍しい荷物がくっついているんですね。

次は目的の工臨。

連日連夜の工臨は珍しい・・・けど疲れる・・・・・

昨日の成田工臨で成田線我孫子支線をくるりと一周してきたDE10-1654は、逆エンドになってます。

DE10-1654木更津工臨

この夜は、木更津行きの4チキを牽いてきたDE10-1654、ちゃんと逆エンドでしたね。

連日で、運転士さんも大変そうです。

深夜手当ってあるんかな???

ともかく、時間通りに来てくれてよかったですが、先行して待っていた工臨は、2夜連続して各停に被られました。

そのせいか、さすがにちょっとぐったりで、帰り道の足も重たかったです。