久留里線事故車両と帰ってきたDE10-1697

久留里線事故車両と帰ってきたDE10-1697

来週はいよいよ一般大統領選挙です。

投票が火曜日なのは、キリスト教的な習慣からで、選挙の結果は早くて日本時間の9日お昼頃、遅くて午後2時過ぎに判明すると思われます。

接戦の場合は、時間がかかるでしょう。

そこで案の定、証券会社からは色々値段が上下しますから気を付けてくださいというメールがきました。

ニューヨーク・タイムズ紙には、2005年当時撮影された写真が掲載されていて、そこには談笑するクリントン夫妻とトランプ夫妻の姿があります。

トランプさん所有のゴルフクラブは、クリントンさんの自宅近くにあるとか、昔は仲良しだったんですね。

何でも合理主義のアメリカ人というイメージですが、意外と、大統領には家庭的な雰囲気もあった方が良いそうです。

大統領の条件はスマートでしかも家庭的、今回の候補者二人に当てはまるかな????

さて、今朝は寝坊したため、サイクルトレインの撮影はできず。

豊田も遠いし・・・・

ということで、昨日新小岩でお仕事していたDE10-1697が、今日木更津に戻るのでそれを撮影することにしました。

そこで、ダイヤは乱れてないかいなとチェックすると、久留里線が踏切で車と衝突して不通。

一時間に一本しかない列車にぶつかるとは、なんとボケた運転手なのか。

でも出かける頃には運転を再開していたので、さほどひどい事故でもなかったんだろうと一安心していました。

木更津に到着して、車庫が見える側のホームに行ってみると、県警の姿が・・・

事故車両検証

交通捜査課の人が事故車両を見に来ていました。

当該キハ130系-109号車は一見たいした傷もないように見えますけど。

事故車両点検

よく見ると、あちこちボコボコ・・・・

余剰車両が少ない久留里線なので、これは大変かも。

木更津で交代した運転士さんや車掌さんも、ここで立ち止まって事故車両を見ていましたね。

DE10-1697

事故車両を見ているうちに、DE10-1697が戻ってきました。

季節的に、すでに車体に影が落ちてしまうほど太陽の位置が低いみたいです。

誘導員さんが遅れて到着し、乗り込むと、すぐに入換が始まりました。

新宿さざなみとDE10-1697

いつもの鉄橋の上に停車したDE10-1697と、E257系の新宿さざなみが並びましたけど、これじゃあ・・・・

さざなみが木更津駅を出発してすぐにDE10-1697の入換も再開。

DE10-1697車庫入れ

無事に建屋まで来ました。

いつもはここで終了なんですが、今日はちょっと様子が違う。

DE10-1697出庫

乗っている人が変わって、車庫から出てきました。

そのまま、まっすぐに進んで・・・・転車台へ。

転車台のDE10-1697

まわってまわってまわって・・・と言いうほどまわりませんでしたけど。

レーンを一つ分動かしただけです。

留置完了

転車台から出たDE10-1697は、外留置の定位置で止まりました。

そして運転台から運転士さんが、一人、二人、三人と出てきます。

沢山人が乗っていましたね。

事故車両はというと、台車の下に人がもぐりこんでいたり、運転席に乗り込んでいたりと、忙しそうでした。

事故車両は、あのまま運用を続けるのか、それともどこかに配給されて修理されるのか。

全然わかりませんが、幸い、今は郡山に入場している車両がいないので、修理のためにどこかに送り出すこともできるはず。

へこみくらいで 済んでいればよいのですが・・・・

今日の撮影はここまで、明日以降109号車が動くかどうか、ちょっと気になります。