ケヨM71転削回送

ケヨM71転削回送

今日の話題といえば、ロイヤルウェディング。

ドレスはジバンシー、ティアラは王室縁のもの、ブレスレットやイヤリングはカルチェでした。

ドレスは絹二重の特別な布製だとか、シンプルできれいで、メーガンさんにとてもよく似合ってましたね。

ゴスペルあり、アメリカの教会の牧師さんのお話ありの、今までとは違ったウェディングです。

アメリカの俳優、コメディアンなど、親族以外は友人知人関係だけの温かみのある式。

パレードもハリー王子縁の騎兵隊などが務めたようでした。

メーガンさんはアメリカ人女優から、一日でサセックス公爵夫人へ。

サセックスはイギリスの一番南の、ブライトン辺りでしょうか。

避暑地で有名な場所です。

シンプルで、きれいで幸せいっぱいのロイヤルウェディングでした。

政治家などが出席していなかったことが良かったですね。

さて、金曜日の恒例、転先回送です。

209系

回送が来るまで、新京成のピンクと並ぶ209系をテスト撮影。

天気が良くないので、イマイチ・・・

ケヨM71転削回送

今週の転削回送は、ケヨM71でした。

そろそろ京葉車両かと思いましたが、今週も武蔵野線車両。

ケヨM71が入線してしまうと、出発まで時間があるので先回り。

ケヨM71回送

総武各停は非常ボタンが押されたとかでダイヤが乱れてましたが、快速は順調。

ケヨM71もほぼ定刻に千葉駅を出発していきました。

これで撮影は終わり。

お昼ご飯を買って帰宅しました。

ロイヤルウェディングでは、有名人がたくさん招待されていました。

BBCで紹介していたのは、ジョージ・クルーニー夫妻、ベッカム夫妻、ドラマのスーツの共演者。

エルトン・ジョンをはじめ、ダイアナ妃の関係者などでした。

他に目を惹いたのが教会の花の飾り。

白い花なんですが、むしろ鮮やかな緑が目立っていて、ドドーンとお花ばかり協調するのとは違い、とても自然で上品な飾りつけでした。