ケヨM28転削回送とDE10-1604単機回送

ケヨM28転削回送とDE10-1604単機回送

最近ロシアで太陽が消えたという事件がありました。

消えたというのか、昼間、空が暗くなり、まるで夜のような時間が続き、やがてもとに戻ったという話。

原因は不明、厚い雲が空を覆ったにもかかわらず、雨は降らず雷もならずで天候不良なのかどうかも発表されていません。

未確認飛行物体の仕業、山火事、その他色々言われてはいますが、原因不明というのが一番怖いですね。

近頃は、世界中で自然災害が頻発しているし、何か不穏な感じ。

一番怖いのは、あるカルデラ火山が噴火することで、あれが噴火すると、しばらく地球上では明るい太陽が拝めなくなるそうです。

今のところ兆候はあまりないということですが、研究者たちは注視しているようでした。

さて、金曜日恒例の転削回送。

ケヨM28

今週はケヨM28でした。

台風の影響で、空は曇りがち。

曇っていればそれなりに涼しいのですが、湿度は上がる一方でしたね。

ケヨM28転削回送

ケヨM28の転削回送をお見送り。

マリンの転削機には毎日何かしら入っていて、忙しそうです。

転削回送を撮影した後は、銚子工臨後の単回の撮影に。

DE10-1604単機回送

夏の房総工臨の引き受けデーテンは決まっているので、DE10-1604は代わりに新小岩でお仕事。

そのDE10-1604が木更津に向けて回送されてきました。

夏の間、このDE10-1604が木更津の車庫を守っていそうです。

単機回送を撮影してこの日の予定は終わり。

さっと来て、さっと撮影して、さっと帰りました。