ケヨM1転削回送

ケヨM1転削回送

キンシオさんの番組で、一文字地名の旅というにがありますが、千葉県には最強の一文字地名がありますね。

旭市のイ、ロ、ハです。

旭市は、木曽義昌がその基礎を築いた城下町で、真田丸にも出ていましたっけ。

お墓は旭市イにありますが、もともと椿の海に水葬されたということでした。

椿の海は江戸時代まで香取、匝瑳から旭にかけてあった大きな湖で、何故椿の海と呼ばれたかというと、そこに昔大きな椿の木があってその木に鬼が住み着いたとか。

それで、猿田彦と経津主命が鬼に向かって矢を放ったら、鬼は逃げ、椿の巨木が倒れて、その跡が海になった・・・っていう伝説です。

江戸時代になると、椿の海は埋め立てられ、今では干潟八万石と呼ばれる広大な水田地帯になりました。

旭市は、千葉県では東日本大震災で津波の被害を受け、唯一津波で死者を出した町です。

夏には七夕まつりがあり、ちょっと遠いんですが、レトロチックな商店街も残っていて、スナップしながら歩くには良い街と思いますね。

さて、金曜日はいつもの転削回送。

京葉線が強風で遅れていたので、時間がずれるかな・・・と心配していましたが、転削回送はダイヤ通りでした。

ケヨM1

この日はトップナンバーのM1です。

お久しぶりのケヨM1でした。

ケヨM1転削回送

千マリへ向けて発車するケヨM1。

京葉線直通の外房線は遅れるでしょうと思いましたが、内房線もちょっと遅れ気味。

でも、転削回送には影響ありませんでした。

これで撮影は終わり。

甲冑

千葉駅構内では。千葉常胤と北斗の拳のコラボ記念のイベントを開催中でした。

千葉常胤の甲冑のレプリカもあり。

全国に散らばっている千葉氏の祖なんですが、千葉常胤で大河ドラマは厳しいかなあ・・・

鎌倉幕府の要人ですが、有名ではないですもんね。

千葉って、全国区の有名人が思いつかない・・・

波の伊八とか、。菱川師宣とか・・・・

日蓮上人は安房小湊出身ですけど。

更級日記を書いた女性は菅原道真の玄孫の娘で、しばらく馬立にいました。

うーん千葉舞台の大河ドラマが難しいか・・・・・