早朝鹿島臨海鉄道・・深夜大原工臨

早朝鹿島臨海鉄道・・深夜大原工臨

最近の千葉と言えば、新しい千葉駅舎がオープン、パルコが閉店、少し前ですが、ほていやさんが閉店。

ニュースでは、相変わらず世間を騒がす千葉大学といったところでしょうか。

以前は松戸の園芸学部が有名でしたが、今回は亥鼻の医学部。

逮捕された医者の名前はすでに外科から消えていました。

千葉大学医学部付属病院は、一応救急指定なんですが、ほぼお断りされるといううわさ・・・

公務員なので休日深夜営業はしないという話もありますけど、病床が空いていないんでしょうね。

今回の事件の容疑者の一人が法曹界の大物の家系というので、県警に圧力をかけて云々とありましたが、県警かな??大学じゃないの???と思いましたね。

大企業関係者なので、処分したら就職わかっているだろうなとか、それとも県警に圧力かな・・何もないという事はなさそう。

千葉大学の本学は西千葉ですが、医学部は亥鼻、偽千葉城の近く。

キャンパスの隅に大きな焼却炉があったことと、建物が古かったことを覚えていますね。

歴史ある学部なのに、今回の事件は残念です。

さて、昨日の早朝、鹿島臨海鉄道の車両の甲種があるということで、朝早く起きだして撮影に。

もし、晴れていたら成田線まで出かけようかと思いましたが、雨だったので近場で済ませました。

EF64-1043

通常の鹿島貨物のスジなので、当然10番線ですわ・・・

単機のスジにうまく乗せて運ぶんですね、

KRT8000甲種

後ろに何かくっついているな…くらいしかわからないですね。

鹿島臨海鉄道車両

しょうがないので、通過する鹿島臨海鉄道のKRT8000を撮影。

このカラーリング、昭和のころのスポーツ用品に、こういうカラーがありましたっけ。

おっと扉にテープが張られている・・・

鹿島臨海鉄道甲種

振り返ってみれば、暗すぎる・・・

バックライト点灯で、総武成田線へ消えていきました。

次回はもっと日が長いときに来てほしいですね。

このあとはすぐに帰宅して爆睡。

爆睡と言ってもいつもの時間に起きてしまうので、昼間はなんだかずっと眠たかったです。

そして夜・・・

クレーン工事のため定尺工臨がない中、大原行きのロンチキ工臨が走るということで、再度千葉駅へ。

EF65-2081

まずは5971レのEF65-2081。

後ろにはチキとコキがついていました。

5971レの次はいつも撮影地へ。

DE10-1571大原ロンチキ工臨

ギリギリで後ろまで写っているか???

DE10-1571とロンチキBです。

ロンチキなので、ホーム先頭の明かりの無いところで停車。

この出発まで待たずに、少しだけ先行します。

DE10-1571大原工臨

快速線の内房外房方面に入るので、少し坂を上がった感じ。

居酒屋の明かりだけでは暗いな。

この後すぐにやってきた各停で千葉駅に。

駅に着くと、工臨がちょうど出発するところでした。

撮影時間は短いのに、一日が長かったです・・・・