ジャングルジャングル養老鉄橋

ジャングルジャングル養老鉄橋

どのニュースも、相模の殺人事件の事ばかり・・・・

殺された人たちはかわいそうですね。

精神障害は遺伝するそうなので、入居している本人たちには何も責任がないです。

それより気になっているのは、最近頻発するようになった茨城あたりの地震。

今日も震度5弱がありましたけど、これが大きい地震にならないといいです。

さすがに震度5だと電車も止まるし、停電も起きているしで、再び東日本大震災級が来ないことを祈るばかり・・・

千葉県内に限ってですが、震源地を調べると、大体同じ場所なんですね。

でも、危ないと言われている断層では今のところ地震が起きていない・・・

この事実のうほうが怖いのかもしれません。

さて、配給で久留里線キハE130系を運んできた長岡のEF81-141が、いつものダイヤで回送されるため、たまには養老鉄橋で撮影しようと曇天のなかお出かけ。

209系

久しぶりの養老鉄橋ですが、行ってみると堤防はすごいことになってました。

緑一色といえば聞こえが良いけれど、とにかく蔓植物に覆われて、足を引っ掛けて転びかねない。

しかも茂みの中は蚊だらけで、とても足を踏み入れる気がしませんし・・・・

なので、わずかに見えるアスファルトの上から撮影しました。

EF81-141

ピーという甲高い警笛の音が聞こえると、EF81-141がかっ飛んできました。

かっ飛びかっ飛びEF81-141、あっという間に鉄橋を通過してしまい、撮影は終了。

待ったわりに、撮影があっさり終了するのはいつものこと、このあと、小湊鉄道でも少し撮影して帰ろうと、五井駅に戻ります。

キハ200

珍しく、ヘッドライトを点灯させたまま入線してきた小湊鉄道のキハ200。

雨はそこそこ降っていましたが、さほど暗くはなっかたです。

キハ200出発

入れ替わりに出発していくキハ200。

わずかな時間差なのに、このときは結構な雨・・・

風も出てきて涼しくなってきたので、これで五井駅からは退散しました。

EH200-4

途中、ブルサンが通過する時間だと気がついて、駅で通過を待つことにします。

この日はEH200-4、タキは全部で12個でした。

撮影はこれですべて終了。

この後、雨の降りが強くなってきました。

さて、色々本を読んでいて、てっきり精神障害は劣性遺伝だと思っていましたが、保因者が一人でも身内にいると、やはり遺伝の確立は上がるようです。

統合失調症に関しては、どの染色体の異常か分かっているようなので、すでに治療方法があるのかな???

隔世遺伝もありそうだし、遺伝は難しいですね。

この先、どの染色体異常でどんな精神障害が発症するかわかれば、治療方法も見るかるかも????