平成31年度 房総初工臨は千葉工臨

平成31年度 房総初工臨は千葉工臨

午後ニュースを見ていたら、また車が歩道を走って事故っていました。

昨日は、警報機が鳴っている踏切に車が侵入して事故った動画を見ました。

どちらも高齢者が運転している車。

踏切のほうは、運転者の耳がほとんど聞こえないという事で、運転不適格者じゃないの????

どうやって免許を更新したんでしょう???

高齢者の免許更新を3ヶ月おきくらいにしないと、隠れ不適格者を見つけられないのでは?

交通事故は、10代20代がダントツに多く、その後減少して70歳を越えるとまた増加してきますね。

今後、高齢者が増えれば、70歳以上の事故率が上がることは間違いないでしょう。

一律に公平に取り締まるなら、事故を起こしたら2度と免許を取れないようにするしかなさそうです。

さて、平成31年初の千葉向けの工臨は、千葉工臨でした。

千葉工臨を撮影するため、寒い中お出かけ。

EF65-2063

工臨を待っている間に、鹿島貨物のEF65-2063が通過。

積載は良好、後ろに青い色の空コキが連結されていました。

DE10-1685千葉工臨

今年初の工臨はレール10本の千葉工臨。

DE10-1685がゆっくりと入線してきます。

DE10-1685入換

すぐに入換開始です。

誘導員さんは旗も持っていましたが、ずっと無線だけで入換していましたね。

入換中

留置線への許可を示す表示が変わってDE10-1685がバックバック。

奥の留置線へはいって、しばらく出てきませんでした。

DE10-1685

結局、電車を一本見送って、回送準備のため戻ってきたDE10-1685をここで撮影。

回送のための定位置に着いたDE10-1685を確かめて千葉駅へ。

DE10-1685回送

しばらくして、DE10-1685が新小岩へ戻るため回送。

このときだけ日差しが出ました。

千葉駅通過

ホームを通過するときは、いつも駅員さんとあいさつを交わしていきます。

敬礼を終えた駅員さんの横を、見送られながら通り過ぎるDE10-1685。

昼間の工臨は撮影が楽でいいなあ・・・

次回の房総工臨も昼間の工臨にしてください・・・・