さよなら・farewell・adieu・EF65-1118ゲッパ

さよなら・farewell・adieu・EF65-1118ゲッパ

今日は、ゲッパことEF65-1118の廃車回送があったので、それだけ撮影するため武蔵野線へ。

最後にゲッパを撮影したのは、チャガマとコンビで新小岩に来た時ですね。

何度か、East-iも牽いてきましたっけ。

赤いEF65がなくなるのは少し惜しいですが、修理できないのならしょうがない・・・・

EF65-1105が復活して、こういう形でEF65-1118が廃車になるとは思ってもいませんでした。

ゲッパの特徴は何と言っても、あの赤い車体ですが、もう見られなくなる側面のEF65という文字をメインに撮影するためには、横から狙うしかない。

それで、いつもの高架下に向かいます。

今日は時変がかかり、尾久からの出発が早まった分、武蔵野線の通過も少し早まりました。

時変ということで、高架下にも少し早目に着いてスタンバイ。

EF65-2070

廃回を待っていると、オール空コキを牽いたEF65-2070が通過していきました。

こういう空模様だと、空を入れるか地上を入れるか悩みましたが、手前の田圃が土色一色だったので、あえてプラス補正にして空を入れることに。

205系メルヘン

通常の廃回ダイヤよりも、早い時間に東大宮から大宮に到着したようでしたが、しばらく停車するようで、なかなか赤い機関車の姿は見えません。

ひたすら待つより他にないので、通過する205系メルヘンも撮影。

もうすこし側面がはっきり見えるように、うろうろ移動してテスト撮影していきます。

EH200-17

ちょっと移動すると、こうした長い貨物の撮影はつらいかも・・・・

EH200-17が長~いタキを牽いて通過。

しかし、廃回は2両編成なので、ここらで撮影することに決めました。

EF64-1053+EF65-1118

遠くに機関車のヘッドライトと赤い車体が見えてくると、じっと近くに来るまで待ちます。

EF64-1053に惹かれて、EF65-1118ゲッパが最後の姿を見せてくれました。

最後の高崎操工臨を撮影しただけに複雑な気分。

長い間お疲れ様でした。

今日はこれでぐったり・・・お昼を食べて帰宅しました。

さて、帰宅していろいろ片付けていると、外房線の人事故のニュースが・・・・特急わかしおですか。

そのうえ、茂原八積間の線路内で棒を振り回して暴れている人まであらわれて、外房線はさらに遅れました。

それに輪をかけるように、京葉線では脱XX騒動、当該車両は臭くて千ケヨ行き、結果うやと遅延・・・・・

自分は知らないのですが、京葉線では有名な浮浪者がいるそうで、多分糖尿病なんでしょう、片足が壊死しかかっていて臭いとか・・・・

某駅では、最近すごく臭いおばあちゃんの浮浪者がよく改札内のゴミ箱をあさっていて、改札機に近いゴミ箱なので、避けると言っても・・・・・

鉄道警察復活してほしいですね。