EF81-95ホキ工臨

EF81-95ホキ工臨

ツイッターに出回っている東武東上線の人身事故の写真を見てびっくりしました。

まるで変身に失敗したT-1000のようだ・・・・・・

生身の人間もかなり丈夫なつくりのようです。

この場合、助かって良かったのか悪かったのかわかりませんが、運転士さんは大丈夫なのか心配ですね。

トラウマにはなりませんと会社は発表していましたが、ちゃんとカウンセラーを受けたほうがいいかも。

自分は大丈夫と思っていても、何かのきっかけでフラッシュバックする可能性もあるかもしれません。

もちろん会社側もそのあたりはちゃんと承知しているでしょうけど。

液体金属だって、たまには失敗することもあるでしょうし、でも、ああいう事故は嫌ですね。

さて、房総向け工臨のため、水戸からバラストを正規歳したホキが戻るということで撮影に。

EF81-95ホキ工臨

バラストを満載したホキ6車を牽いて、EF81-95が通過。

この日は風が強くて、気温は高かったんでしょうが、なんだかとっても肌寒かったです。

それで、工臨が通過した後はさっさと高台から降りて暖かい場所へ。

EF81-95

念のために工臨の詳しい情報をチェックした後は新小岩操作場へ。

回送のため停車しているEF81-95の向こうに桜がきれいに咲いていたので、ここで一枚。

それから急いで駅に戻る途中、単機で待機しているDE10-1571を目撃しました。

DE10-1571

ホームで越中島へ向かうDE10-1571を待ちました。

秋田から出場してきたDE10-1571を見るのはこれが初めて。

前回の工臨の時は故障で急きょ機関車入換になりましたから。

やはりきれいはきれいなんですけど・・・・

スカイツリーとDE10-1571

次回の木更津常駐はいつになるんでしょうか。

花の季節に戻ってきてほしいです、

撮影はこれで終了。

帰宅するころには≪さらに気温が下がってきて、薄着だったので寒い寒い・・・・