EF81-80ホキ工臨

EF81-80ホキ工臨

ドラフト会議が終わってみれば、落ち着くべきところに落ち着いた感じ。

今年は高校球児に注目が集まり、社会人や大学生はドラフトから外れた人も多かったとか。

これも自分で選べないドラフト制度の落とし穴というのか。

スポーツ選手は現役時代が短いため、その後はどうするのかが問題になっています。

引退後のスポーツ選手のための雇用の場を設けている職場もありますが、多くは飲食店開業とか、ブランド展開とかになるんでしょうか。

海外を見ると、大学に入学し直したり、中断していた学業を始めたりと、引退後のことも考えているようです。

タレントになる人も大勢いるようですが、それはそれでかなり競争が激しく、ずっとタレントというのもなんだか。

プロになる前から引退後のことを考えるのは早いのかもしれませんが、引退後の生活プランはできるだけ早いうちにいくつか決めておかないと困ると思いますね。

派手な生活に慣れてしまった後では、地道に働くこともままならないでしょうから。

さて、久しぶりに水戸から戻るホキ工臨を小岩まで撮影に行きました。

EF81-80ホキ工臨

4ホキなら、行先は大体決まります。

今回は蘇我工臨でした。

最近は夜の工臨撮影に行く元気がなくて全く行ってません。

帰ってから洗濯とかやると、寝る時間が無くなるんですね。

EF81-80

新小岩には、お帰りを待つEF81-80。

ヘッドライトは消灯中でした。

新小岩のホームドアは完成ではないんですね。

まだロープを張っているし、警備員さんもいるし。

いつ完成なんでしょう????

完成したからと言って人身事故が無くなるとは思いませんけど。

でも減るとは思いますね。