オオタカもお見送り・EF81-141+キハE130系105

オオタカもお見送り・EF81-141+キハE130系105

今日は一日お天気が良かったので、久しぶりの布団干しと厚物の洗濯。

芸能ニュースなども久しぶりに見ていたら、三田寛子さんが出ていましたね。

歌舞伎の家は、異母兄弟が何人いるかわからない状態が普通なのかもしれませんが、そうなると養育費もかなりのものでしょう。

驚いたのは、京都のように矜持が高くて値段も高額なお座敷をはるところでも枕芸者がいることです。

しかし、これも普通のことなのかも。

ただいま梅毒が流行中なので、病気だけは気を付けないと。

梅毒というと、南総里見八犬伝を書いた滝沢馬琴は梅毒で、鼻が落ちていたとも言われていますね。

ほかにも、ニーチェは有名ですし、調べると、かなりの有名人が梅毒などの性病で亡くなっているんです、怖い怖い・・・・

さて、久留里線キハE130系の郡山入場もそろそろ一巡するようなので、最後かもしれない105号は、木更津からの出発を撮影することにしました。

EF81-141お見送り

木更津勤務の職員さんたちが留置線から出場するEF81-141をお見送り。

久留里線キハE130系105

いくつもの線路を跨いで、本線に出てきたキハE130系。

かなり車体の色がくすんでいました。

入換中

入換灯を点灯させて、このままバック、バック。

そういえば、車をバックさせる時に入れるギアはReverseのRですが、バックというならBでもよいかも。

でも、Bは世界標準じゃないんだっけ???

よくブレーキとアクセルを間違えたという事故が起こっていますが、ある車種ではB(エンジン・ブレーキ)とRを間違えてギアを入れたことが原因とか。

間違えないよう日本語表記にしたら・・・・かっこ悪いか・・・・

E217系とEF81-141

1番線が空くまで待機しているEF81-141と特別快速の切り離し車両が並びました。

ここでしばらくEF81-141は待ち状態。

待っている間、木更津駅上空をオオタカの若鳥が飛び回っていました。

雨でカラスの登場がなかったため、のんびり飛んでいましたね。

そろそろタカの渡りの季節・・・千葉で見られるのは富津岬辺りかな。

オオタカは渡りはしませんけど。

EF81-141木更津出発

1番線から各停が出発すると、EF81-141が入線してきました。

Eの文字のホクロも健在。

この日の郡山入場は時変がかかったようですが、無事に郡山に到着していました。

キハE130系木更津出発

この105も、ピッカピカになって戻ってくることでしょう。

ス~っと前方まで徐行して、停車するとすぐに作業員さん達が降り、パン上げします。

パン上げしたEF81-141を撮影しようと頑張りましたが、発車のほうが早かった。

お帰りは来月か・・・・

これで一巡したかどうか、車両を数えないと・・・・