EF81-141久留里線キハE130系配給と夜の工臨

EF81-141久留里線キハE130系配給と夜の工臨

相模の方で、ひどい事件が起こりました。

有名な津山30人殺しと共通しているのは、自分の思い通りにいかないのは、なんでもかんでも人のせい。

ベストセラー本によると、親から子供への知性の遺伝率は77パーセント、サイコパスの遺伝率は81パーセントなんだそうす。

そうなると、この犯人の親というのも、大体想像がつくかもしれません。

今はたいていのことは遺伝で説明が出来そうなので、配偶者を選ぶときは、親も観察しないとだめかも。

この遺伝に関しては、Bell Curveという有名な本がありますが、遺伝と言われて都合の悪い人からはとんでも本と言われていますね。

でも、この本はちゃんと統計に基づいた学術本です。

Kindle版も出ていて、英語ですが、読んでみるとなかなか面白い本でした。

それにしても、この犯人は 教師を目指していたという割には、字は下手だし、文章も稚拙。

刺青の彫師になりたいとも言っていたようですが、才能がないと言われてあきらめたとか。

一言でいうなら、何も達成したことがない人ということです。

さて、いつもは平日の送り込み、出場、配給の久留里線キハE130系ですが、今回ばかりは休日送り込みの月曜配給になりました。

配給も、いつまでも続くわけではないので、あるうちに撮影するため、木更津へ。

特別快速

ラッシュアワーを避けたいためと、この特別快速の入線を撮影したいために、少し早目に木更津の到着。

4両編成の217系が館山から到着して、回送で木更津~君津間に停車していた11両編成が連結され、東京行きの15両特別快速になります。

撮影したかったのは、この4両編成のほう、次は朝の館山行きを撮影しないと。

255系特急さざなみ

255系の特急さざなみの事をすっかり忘れていました。

急に現れたのでちょっとびっくり。

出来れば、反対側のホームから撮影したかったですね。

EF81-141と久留里線キハE130系103

255系が君津へ走り去ってしまい、少し待つとEF81-141が久留里線キハE130系103を従えて入線。

この後片パンになり、入換が始まります。

キハE130系配給

すっかり暗くなってから、プッシュでEF81-141とキハE130系が戻ってきました。

この日の木更津常駐DE10-1752はというと、遠くの駐車場に・・・・チラ・・・・

入換

いつものスパーク点を越えて、EF81-141はキハE130系を奥の留置線へ運んで行きました。

明るいうちに木更津に到着してくれましたが、入換時にはすでに暗くなってしまいましたね。

6月だと良かったかも・・・・

配給の撮影はこれで終了。

帰宅して、あわただしく夕飯を食べたりした後、夜の撮影に向かいます。

EF65-2095

この夜の5971レはEF65-2095。

後ろにはロンチキ半分とチキ、それにコキが連結されていました。

この後は、佐倉工臨撮影のためいつもの場所へ。

DE10-1704佐倉工臨

レールは結構積まれていましたね。

担当がDE10-1704なのも良かったです。

ただ、この夜はいろいろ撮影に邪魔が入ってちょっと大変でしたけど。

夕方から始めた撮影ですが、終わったのは真夜中過ぎ。

これも結構つらかったです。