EF65-501 Pトップ三昧

EF65-501 Pトップ三昧

オリンピックも無事閉幕、選手のみなさんも帰国して、終わってしまえば楽しかったオリンピックでした。

アジア勢がメダルをとったことで、欧米が慌ててカーリングの規則を変えるようですが、これもいつものこと。

何としてもアジア勢にメダルをとらせないようにするのが欧米のいつもの手ですね。

フィギュアもロシアの高得点を阻むようルールを変えるようですし、そうなるとオリンピックは西側欧米がメダルをとるためにだけ開催するのかな???とかね。

夏のオリンピックと冬のオリンピックを比較するとその違いは明らかで、冬はコーカソイドとモンゴロイドの選手ばかりで、夏はネグロイドが活躍。

なので、夏はコーカソイド優先のルール改正はやりにくいのかもしれません。

ルール変更はどちらかというと政治的判断なので、オリンピック精神に反していると思いますね。

さて、春と冬の空気が行ったり来たりのこの頃ですが、今日は冬の空気・・・・

ですが、前に撮影しなかった高崎操工臨返空をPトップが牽くという事で、今日は寒空の下新中川へ。

EF65-501高崎操工臨返空

短い編成でしたが、メインはEF65-501だからこれでいいのか。

昨年のSL以来かものEF65-501でした。

この後は、30分ほどで戻ってくるEF65-501の単機回送を撮影するために鉄橋の反対側へ。

EF65-501回送

堤防の護岸工事が終わっていないので、色々目立つものが入りましたが、背後に要らないものが入らないよう努力しました・・・・

日が当たると、結構でこぼこなのね、EF65-501。

EF65-501

レンズを振って、去ってゆくEF65-501をもう一枚。

手前の看板は避けきれませんでした。

昨日閉会式が終わったので、昼間もこうして出かけましたが、やっぱり風邪がぶり返し・・・

今回は選手個人の色々な背景にずいぶん切り込んだ報道が多かったような気がします。

カーリングは毎日試合があったので、ずっと見ていました。

韓国が勝率では一番、負けたのは日本とスウェーデンだけだったし・・・

このオリンピックでわかったのは、韓国は寒い国だったということ。

表彰式に女の子たちが着ていたレッドコートのシルエットはきれいでした。