EF65-2139シキ611大型貨物輸送とEF81-95 キヤE193系回送

EF65-2139シキ611大型貨物輸送とEF81-95 キヤE193系回送

オリンピックもそろそろ終わりで、今回も色々ドラマがあって感動しました。

通常昼間やるはずのノルディックが夜になったり、フィギュアスケートが朝方から始まったりと、大口スポンサーの要望に応えたタイムスケジュールでしたね。。

見る方は良いけれど、選手は大変かもよとか思ったりして・・・

人の体内時計はもともと25時間だそうで、それを無理やり規則正しくと言われて24時間に合わせているので、変則時間になると起きるのがつらくならないでしょうか。

24時間は地球の自転一回分ですが、25時間は火星の自転一回分なので、人類の祖先は火星人か???と言う仮説もありましたっけ。

最近知りましたけど万有引力は存在しないんだとかで、ニュートンさんも真っ青です。

引力は地球の質量云々ではなくて、ものすごーく小さな物質が全方向から飛んできて、地球も犬も人も通り抜けていく、その通り抜ける力で押されているだけなんだそうです。

引力の中心が地球の中心だったら、とっくに地球は崩壊しているかもということで、ニュートリノの話でした。

さて、悪い体調も慣れてしまえばまあまあ・・・・

せっかくシキ輸送があるので、散歩がてら近所の跨線橋まで歩きました。

EF65-2139シキ輸送

もうちょっとゆっくり走っていくかと思いきや、超特急でしたね、EF65-2139+ ヨ+シキ611。

雨も降っていて寒かったので、撮影はこれだけ。

このあたりは整備されて、桜の苗木らしきものが並んでいました。

昨日の撮影がこれだけで終わったので、今日は転削回送とキヤ回の撮影へ。

少し動かないとお腹もすかないし寝られないので、外出することにしました。

ケヨM20転削回送

今回はケヨM20が転削のため千マリ送り。

今週は何事も無く日曜日にケヨへ戻りそうですね。

EF81-95キヤE193系回送

いつもなら転削回送だけで帰宅しますが、今回は他に用事もあったので小岩まで。

用事を済ませて新中川橋梁まで来ると、さほど待たずにEF81-95がキヤE193系を牽いて通過しました。

川面がもう少し静かだったらきれいに水面に映りこんだのにな・・・とちょっと残念なキヤ回でしたね。

小岩に着いたときは寒かったですが、帰りには日差しもあってあたたかくなりました。

撮影はこれで終わり。

そういえば、重力は引力+遠心力で、極地と赤道直下では重力にいくらか差があるそうです。

その差は、ニュートリノの理論からすると純粋に遠心力の差ってことになるのかな???

自転の軸となる極地を結ぶ線はちょっと傾いていて、ゆらゆらと不安定だそうで、例えば小惑星なんかに衝突されるとくるっと反転することも考えられるとか。

これは結構怖いな・・・などと、ローグワンを見ていて思いました。