EF65-2139 DE10-1697ホキ工臨など

EF65-2139 DE10-1697ホキ工臨など

ヨーロッパ戦線も終盤に近づくと、連合国側が多くの強制収容所を発見することになりました。

ダッハウ強制収容所を開放したのは、日系アメリカ人の第442連隊で、当時収容所にいた人は、英語を話すアジア人を見て驚いたという趣旨の話をしていましたね。

バンド・オブ・ブラザーズでも強制収容所を発見し、非常に混乱するさまが描かれています。

そこが何なのか、一兵士には理解できなかったようでした。

こういう話を聞くと、ヒトラーはひどい人というイメージですが、上には上がいるもので、ヒトラー以上に大量殺戮した独裁者はスターリンと毛沢東。

独裁者の共通項は、思想と言論の統制でしょうか。

最近、日本でも思想と言論の統制をしている政党が・・・・・

こういう独裁者は、意外に気が小さくて、自分の弱点やアラを隠すために他人を犠牲にするという傾向があるんだと、昔読んだ本に書いてありました。

選挙の際は、こういう部分をいかに見抜くかが必要かも。

さて、京成本線が人身事故でダイヤが乱れたため、予定を変更して近場で撮影。

少し肌寒い中、貨物の通過をひたすら待ちます。

255系特急しおさい

まずは255系特急しおさい。

打ち上げ花火のラッピング編成は、今日は千マリでお休み中ででした。

NEX

しばらくして通過したNEXは片目でしたね。

近頃度々見かける片目の電車・・・・・

EF65-2093

そして貨物。

今日の鹿島貨物はEF65-2093、一か所だけ空で、ほぼフルコンでした。

EF65-2139

蘇我行きの貨物は、EF65-2139。

シキ180以来のEF65-2139だったような気がします。

なんだかさえないお天気でしたが、帰宅する前にちょっくらB.B.BASEの様子を見に行くことにしました。

留置場所はわかっていたので、一駅歩き・・・・

昔アンパンマン・トロッコが留置されていた場所にはまっていました。

昼間の撮影はこれで終了。

帰宅して、やりかけの掃除を片付けました。

そして夜はいつもの工臨。

しばらく塩漬けになっていたホキがようやく運ばれます。

DE10-1697ホキ工臨

DE10-1697と8ホキの工臨。

行先は成田線の我孫子支線で、荷受けが成田。

これは成田工臨か我孫子工臨か、いつも悩みます。

DE10-1697は久しぶりなので、この夜も頑張って出てきました。

ホキ

バラストをばらまくために出発。

明日は雨の天気予報なので、この夜でよかったかも。

今夜は運転士さんが一人だったような気がしますね、いつも二人だったけれど・・・・

バラバラバラストをばらまいて、ぐるっと回って新小岩に戻りますね。

明日は逆エンドか・・・・

天気が良ければなあ。