EF65-2119とDE10-1751千葉工臨

EF65-2119とDE10-1751千葉工臨

外は大雨・・・・強風で、京葉線と内房線はストップ、しかも横須賀線と成田線で人身事故・・・・

今日こそ人身事故はないと思っていましたけど、毎日ありますね。

関西では、あんまり人身事故ってないような気がします。

関東ばかり、なぜこんなにも人身事故が多いんでしょう???

こんな時間に電車が止まってしまうと、乗り換えできなくなって大変なことに。

雨天だとタクシー乗り場も混雑するしで、早く電車が動くといいです。

今日は、原色EF65が蘇我に入るということなので、とりあえずどこに行くか、また、迷いまくって、迷いまくったせいで時間がなくなり、結局近場へ。

これが結構仇となったわけですが、まあ、いいこともあるかもと、傘を持たずに蘇我へ行くことにしました。

EF210-125

意外にも、蘇我は時々晴れ間も出ていて、風だけは強かったですが、雨が降る気配はありません。

EF66のころは、とても積載が少なかったこの時間の貨物、今日の積載はまあまあ良かったです。

そういえば、千葉機関区の一番線のレールはすでに一部が取り払われていて、使用不可になってましたね。

EF210-118

いつもはタキを牽いていく桃太郎ですが、今日のEF210-118は単機。

単機だと、京葉線への上り坂も速い速い・・・・

このころ、千葉工臨があるよと連絡がありましたが、原色が来るまでここで待って、そのあとの電車に乗れば間に合うはずと思い、ここに留まりました。

EF65-2119

少しやきもきしながら待ったEF65-2119。

乗る予定をしていた快速が、すでに2番線に入線していたからです。

撮影を終えて、快速に乗ろうとしたら、目の前で扉が・・・・・

仕方がないので、ぎりぎり間に合うはずの次の電車を待つことになりました。

EF65-2060とKD602

空のコキの前で、次の電車を待っていると、EF65-2060とタキを牽いたKD602が同時に徐行。

いつもは先にEF65で、次にタキだったような????

こういうこともあるんですね。

この後の8685レはあきらめて、千葉駅へ。

駅に着いたときには、すでに工臨通過数分前でした。

千葉工臨

邪魔ものが多い番線だったので、これが限界・・・・

DE10-1751はチキ2つを牽いてきました。

レールもあまり乗ってないな・・・・

これだけだと物足りないので、一番早い電車で東千葉へ。

東千葉

東千葉というより、千葉と東千葉の間に停止するので、東千葉で待っていてもこの通り・・・・

500ミリか600ミリくらいのレンズがあれば、千葉駅からカーブを曲がってやって来る工臨を、きれいに撮影できるとは思いますけど。

DE10は、この場所からバックして建屋近くまで移動し、チキと切りはなされて単機となりました。

DE10-1751

一旦駅舎の下まで進み、ユーターン。

あとは定位置に止まり、そのまま留置。

木更津DE10の1704は、今日は越中島貨物の仕事をしていたようですが、入れ替えか??

それとも1704は木更津に戻るのか、1751が木更津に入ってチキの返空を牽くのか???

どうなのかわかりませんけど、雨が降らないうちに東千葉を後にしました。

帰り道、傘を買って帰宅、家に着いて30分ほどで雨がぽつぽつ降ってきました。