EF65-2094 マルチプルタイタンパー甲種輸送 とDE10-1697回送

EF65-2094 マルチプルタイタンパー甲種輸送 とDE10-1697回送

寒いです。

昨夜仮想通貨の相場を見ていたら、ぐぐっと降下していて、ああいうものは出始めに買っておいて、後は計画的に売るしかないんだなと思いました。

押し目買いというのもあるけれど、手数料引いたらどのくらいの利益になるんだろう・・・

流出した仮想通貨は、売ろうとしたら足がつくということですが、口座でなくて、通貨を追跡できているの???アドレス変更できないんだっけ???

投資用に考案された感のある仮想通貨なので、すでに目的は果たしたような・・・

数に限りがあるので、この先どうなるのかちょっと気になります。

それにしても、流出した時の相場でなくて、安くなった相場で計算して顧客に返金するというのもなんだか・・

しかも、ささっとお金は戻るかと思いきや、返金時期は未定だそうですね。

話題にもなっている技術系求人の給料みたら、この給料でくる人いないだろうなあとか。

特殊技能系なので、もう一ケタ高くしてあげないと。

さて、風邪をひいて体調は最悪・・・・でも撮影にはいきたいなということで、マルタイ甲種第2弾。

KD601マルチプルタイタンパー甲種輸送

朝早くに、久しぶりにここに来ました。

KD601がマルチプルタイタンパーを牽いて下を通過していきます。

今回はマルタイに企業名がありませんでした。

この後は、また蘇我駅まで徒歩で移動、結構遠いのね。

プレート

蘇我駅に着くと、すでにKD601は千葉貨物駅域の貨物に連結されていました。

ホームから見えるマルタイに付けられているプレートはドイツ語・・・・鉄道建設機械とか・・・コンストラクションとパテントはわかりますけどね。

一定の法則で文字を置き換えればドイツ語から英語に変換できて何とかわかるかな???

輸送票

輸送票によると荷受けは盛岡保線技術センター。

着駅は日詰駅となっていました。

EF65-2094マルチプルタイタンパー甲種輸送

この後は海近くまで移動しようと思いましたが、早朝の散歩がひびいて歩く気がせず、結局そのまま駅で撮影。

今回はEF65-2094の白プレートが担当しました。

マルタイ甲種輸送

京葉線へ向かってゆっくりと登っていくマルタイの甲種輸送。

東北までいってらっしゃい。

甲種を撮影してここ終わり、一旦帰宅します。

お昼を食べて2度目の撮影、これだから風邪が治らないんですね。

マルタイ

ここにもマルタイ。

エンジンふかして、ライトを点灯して、屋根に人が上がって何かやっていました。

このカラーリングの交通建設のマルタイはよく見かけますね。

DE10-1697

目的はこのDE10-1697の単機回送。

交代するかな???と思いましたが、再びDE10-1697が木更津常駐機へ。

そろそろ交代しそうだけれど。

ともかくこれで撮影は終わり。

北風が強くなってきて、さらにの寒さ倍増でした。