EF65-2050とDE10-1697大原ホキ工臨

EF65-2050とDE10-1697大原ホキ工臨

昼間出かけていて、火事のニュースを知りませんでした。

夕方、ニュースを見たら、糸魚川がものすごい火事で燃えている・・・まるで、昔の酒田の大火のようでした。

酒田の前には、魚津、新潟、鳥取でも大火と呼ばれる大規模火災が発生していますが、どれもフェーン現象が起こっている日に発生しています。

日本海側では、フェーン現象が起こりやすい気象条件がそろうのでしょうか。

火元は中華料理屋という事で調べたら、味は良いという評判でした。

でも、店内はあまり清潔では無かったとのことで、コンロ回りの燃えやすい物や油に火が移ったか、コンセント付近に埃がたまっていたか、もしくは電気コードが破損していたかで漏電したという可能性もあるでしょう。

不幸なのは、こんな大規模火事でも火元に損害賠償請求が出来ないという事。

というより、 大規模火災を想定して法律がつくられているため、重過失でなければ損害賠償請求はできません。

火災保険は当面の生活保障だけなので、行政の補助などが頼りですが、酒田市ではどうやって復興したか情報を公開してくれています。

これが参考になると良いですけど。

さて、水曜日はいつも用事が山盛りの日。

それで、撮影は夜の工臨だけでした。

EF65-2050

工臨だけと思って支度をしていたら、5971レにEF65-2050が入ったという事で、少し早目に家を出ます。

白プレートになってから初めてのEF65-2050。

この前は青プレートでしたっけ・・・とにかく、復帰して良かったです。

次の工臨撮影のため場所を移動。

DE10-1697大原ホキ工臨

つい最近まで木更津に常駐していたDE10-1697がホキ6車を牽いて入線。

この夜の運転士さんは良い人でしたね、ずっとヘッドライトを点灯していてくれました。

でも、先行したいので、すぐに移動。

またまた夜遅くにご一緒したみなさん、お疲れさまでした。

DE10-1697大原工臨

下り各停が発車した後、いつもより早めに工臨が通過しました。

しかもかなりスピードが出ていましたね。

工臨を見送ったらすぐに上りも下りも来たので、下りに乗って千葉駅へ。

やはりまだ工臨は停車中でした。

プチっと撮影はこれで終了。

暖かい夜で助かりました。

それにしても糸魚川の火事、風向きが変わらないうちに鎮火できると思っていましたが、すでに南風から西風に変わっているとか。

鎮圧したけど、鎮火はまだなんですね。