チャガマとEF81-80ホキ工臨など

チャガマとEF81-80ホキ工臨など

ジブリの高畑監督が亡くなりました。

アルプスの少女ハイジや赤毛のアンなどの名作アニメを手掛けたり、平成狸合戦ぽんぽこなど心に残る作品が沢山あります。

来週には火垂るの墓がテレビで放送されるそうですが、個人的には平成狸合戦ぽんぽこが良かったなあ・・・・

あれは原作も制作も高畑監督だったので・・・・

体調が悪いということを知らなかったので、突然の訃報に驚きました。

高畑監督というと火垂るの墓なんでしょうか。

あれは戦争の悲惨さを象徴的に描いた作品ですね。

亡くなった子供が、何度も何度も悲惨だった自分の人生を繰り返し体験するという悪夢の映画なので、追悼するのならもっと明るい映画がよかったりして。

作品としてはアルプスの少女ハイジ、赤毛のアン、じゃりん子チエなど連載ものが好きです。

ものとしてはハイジのオープニングに出てくる究極の絶叫マシーンとか、焼き鳥を焼いてくれる猫とかいいですねえ。

架空の国のスーパーヒロインではなく、自分の身近にもいるかもしれない人物を主人公にしてくれた高畑監督作品が好きでした。

さて、金曜日はいつも転削回送を撮影するのですが、この日は水戸からバラスト満載のホキが戻るということで、小岩方面へ。

EF65-1104八王子工臨

久しぶりに小岩に来たので、水戸工臨までに陸橋下を通過する工臨も撮影。

これはEF65-1104が引く八王子工臨です。

EF64-37甲府ロンチキ工臨返空

次は唯一の零番台EF64-37と甲府ロンチキ工臨の返空。

この37番が原色に戻るとか、戻らないとか、このままでよいと思いますけど。

EF64-37

EF64-37の単機回送は終わりかけの菜の花とツーショット。

今年は菜の花も終わるのが早いです。

EF81-80ホキ工臨

目的はこれ。

久しぶりに千葉向けのバラストを運んできたEF81-80。

現場は大体予想通りで、そろそろ付け替えもあるので、そうなんだ・・・・・って感じでした。

EF81-80

行きは小岩から、帰りは新小岩から。

快速がものすごく徐行していたので強風で止まらないかと心配でしたね。

奥の中学校は現在建て替え中らしいです。

DE10-1571ロンチキ

駅のホームに上がると、案の定快速は遅れてました。

でも、おかげでDE10-1571がひくロンチキをゆっくりと撮影できましたけど。

気温が高くても強風で体温が奪われたため、そこそこ冷えた感じの日でしたね。

駅に停車して扉が開く度に電車が大きく揺れるので、まるで遊園地のアトラクションのようでした。