真夜中のEF65-1104蘇我ロンチキ工臨

真夜中のEF65-1104蘇我ロンチキ工臨

伊勢志摩サミットが終わって、ゴミ箱復活。

オバマ大統領が広島を訪問したから、安倍さんもパールハーバーに行くのかと思いました。

よく言われるのは、アメリカが戦争に参戦する口実のためにわざとパールハーバーを日本軍に攻撃させたというもの。

このことに関しては、いつかconfidentialの書類が公開されて、真実がわかるかもしれません。

ハワイに遊びに行ったとき、パールハーバーには行きましたけどね、特に現地の人にあれこれ言われることはなかったです。

戦艦アリゾナは、今もあの海の底に沈んだまま、もうすっかり錆びついているんでしょうか。

当時の国内事情はというと、軍のおえらさんの家族には砂糖とかお米とか卵とか、民間人には手に入りにくい貴重な食料が配給されていました。

それを自慢していた家族は、戦争が終わって日本が負けたと分かって、疎開していた農家から叩き出されるように着の身着のまま追い出されたという話も聞きましたね。

食べ物の恨みは怖いということでしょう。

さて、昨日は久しぶりの蘇我工臨でした。

今まで何度もトライして撮影に至らなかったので、今回こそはということで、まずは昼間のDE10-1685が牽いてくるところから。

DE10-1685蘇我ロンチキ工臨

蘇我行は真夜中なので、寝入ってしまって出かけられない可能性もあると思い、DE10が運んでくる蘇我行のロンチキを撮影。

近頃すっかりおなじみになったDE10-1685が担当しました。

これで一旦帰宅、あれこれ用事を片付けて夜中の電車で出かけます。

真夜中の桃太郎

車で来ても近い蘇我駅ですが、駅前の駐車場が真夜中でも意外に満車になっているため、車はやめました。

工臨到着は、終電ぎりぎりかな・・・

上から撮影できるかもと、跨線橋から下を覗いていると、この日最後の桃太郎が通過。

少し肌寒いため、暖かいコーヒーが売ってないかと探しましたがダメ…

それであきらめて、すでに終電が終わっている千葉行きホームに向かいます。

EF65-1104蘇我ロンチキ工臨

ホームに下りると、たくさん人がいてホッとしましたね。

ここからは時間との戦い、終電までに来てね工臨・・・・

と思っていたら、予定より数分早目に姿は見えましたが、構内に入って来るのが遲・・・

しかもハイビだったので、ピントが怪しい・・・・

時計とにらめっこ状態の中、入換作業が始まりました。

EF65-1104入換作業

入換もハイビ・・・・

田端EF65-1104の車体も、ホームからの明かりでキラキラしていましたけど。

蘇我駅

蘇我駅構内はこんな感じ。

都合上、画面を明るくしてありますが、実際はもっと暗かったですね。

片パンEF65-1104

この夜は、片パンでずっと作業していました。

千葉機関区へ入るためには片パンにしないといけないのですが、構内作業で片パンは珍しいです。

ああ・・・もう時間がない。

上りの終電まであと5分を切りました。

連結作業

終電アナウンスが聞こえたので、これで時間切れ・・・・

蘇我駅でご一緒したみなさん、遅くまでお疲れ様でした。

3番線の終電に乗り込だらすぐにドアが閉まり、ぎりぎりセーフ・・・・

帰宅駅で降りたら、上りホームに赤字で通過とありました。

あれが工臨かも。

下りの電車が終わるまでに通過してくれれば流し撮りできますが、その前に回送が一本あるので、おそらく下りが終わってからかな???

ともかく、初めて蘇我工臨を蘇我で撮影できてよかったです。