EF64-1052ロンチキ返空と東武版ファイヤーオレンジ

EF64-1052ロンチキ返空と東武版ファイヤーオレンジ

今日の高校野球は、京都平安対奈良智辯ということで、古都対決であり、宗教対決でしたね。

結果奈良が勝利したわけですが、どちらも甲子園では御馴染みの学校。

高松商業対秀岳館も、高松が勝利してよかったです。

熊本の方は、サイン盗みの嫌疑がかかった学校ですしね、

そういえば、滋賀県議会議員の吉田誠一という人が、選手に予選で負けろと暴言を吐いていたとか。

自民党議員ですね。

残すは決勝のみ、晴天だといいですけど。

春の選抜は、夏の甲子園よりもトントンと試合が進んで、見ている方もストレスがない感じです。

やっぱ高校球児はええのう・・・・

さわやかな高校野球に比べて、プロ野球では高校野球賭博までしていたという報道も、プロは真っ黒というイメージです。

さて、昨日はEF64-1052が新小岩に入るので、これを撮影するためいつもの鉄橋へ。

でも、いつもの電車だと時間に余裕がないので、少し早目に千葉駅を出ましたが、それでもたいして変わらなかったりして・・・・

EF64-1052ロンチキ返空

ロンチキだと、後ろまでは見えない位置ですが、機関車メインだからこれで良しか????

新中川の水面は茶色く濁っていて、前日の雨に影響かもしれないですが、撮影向きではなかったですね。

EF64-1052

鉄橋の向こう側にまわって、EF64-1052の単機回送も撮影。

こちら側のほうが川の濁りが目立ちました。

せっかくのロンチキなので、DE10-1751がロンチキを牽く姿も撮影しに行きます。

DE10-1751ロンチキ

いつ来ても、ここは下界よりも寒い・・・・・

でもロンチキがきれいに写せます。

ここへ来たもう一つの目的は、東武亀戸線のリバイバルカラーを撮影するとこ。

DE10-1751を待つ間に、運用は確認できましたから、下へ降りて撮影場所まで歩きました。

東武亀戸駅

何度見ても、京成のファイヤーオレンジにそっくりな東武のリバイバルカラー。

亀戸線は乗ったことがないので、一度乗ってみないと。

亀戸と曳舟をピストンしているので、少し待てば、また戻ってきます。

撮影するのも、乗るのも楽な亀戸線ですね。

東武リバイバルカラー

亀戸へ入線するほうが順光。

後ろの工事用シートが気にはなりますが、程よくカーブしてくるので、きれいに編成が入りました。

この日の撮影はこれで終了。

春近しとはいえ、そこそこ冷える一日でした。