武蔵野線205系ジャカルタ2号とPF代走 など

武蔵野線205系ジャカルタ2号とPF代走 など

今年は3月11日が日曜日。

7年前は勝浦へ行く予定でカメラとコートまで支度していたのに、熱が出て取りやめ、その日の午後に地震が起こりました。

もう7年か、まだ7年か、人によって感じ方は違うでしょうが、あの時小学生だった子供達は高校生や大学生になっているんですね。

そして自分なりに大震災の記憶を整理しているようなので、そこは少し安心できました。

定点カメラで撮影された被災地の映像を見ると、瓦礫が片付いて、土地がかさ上げされて、道が通り、電柱がきれいに並び、いつでも人が戻れる状態にはなってます。

でも、民家も商店もなくてただ広い土地だけが広がっているのはさみしい限り。

世界に目を向けると、あちこちで大地震が起こり、大寒波が起こり、火山が噴火して、地球規模の災害が多くなりました。

この原因が地球でなくて宇宙にあったらお手上げです。

どこかで巨大恒星が爆発し、そこから飛んできた粒子が地球内部の活動を刺激して・・・・

地球でその爆発がわかるのはもっとずっと先の話でしょうから、証明しようがないのかも???

さて、金曜日の朝、武蔵野線205系がまたジャカルタに送られることになりました。

朝起きて、すぐに支度して出かけましたが、時間はぎりぎり・・・

EF64-1032+ケヨM15

海浜幕張を過ぎたあたりで千ケヨを見たら、EF64-1032がM15を牽いて動いていました。

そのため、新習志野に到着したらすぐにEF64-1032も入線。

ジャカルタ行きM15連結側は回送表示でしたが、後ろにはジャカルタの文字。

2番目の配給なので、番号は2です。

ちょうど新習志野止まりの武蔵野線M17と並びました。

しもうさ号ジャカルタ行き

しもうさ号ジャカルタ行き。

スプリング・クッションの座席は座り心地がいいのにな・・・・

EF64-1032と205系はこの後すぐに新習志野を出発していきました。

自分はここで一旦帰宅、ちょっと家事を片付けて次の撮影に。

ケヨM73転削回送

この日の千マリ行き転削回送はケヨM73でした。

雨がひどくなり、午後になると北風にかわったので、気温も下がってきましたが、この後は鹿島貨物のPF代走を撮影するため雨の中を移動。

NEX

だんだんひどくなる雨の中でNEXを撮影。

水しぶきをあげてかっ飛んできました。

EF65-2050

EF64の代走で入ったEF65-2050。

思ったほど水しぶきは上がりません。

モノサクでEF65を撮影するのは久しぶり、もう少し雨らしい雰囲気になってくれれば良かったですけど。

でも、まあ、とりあえず撮影はこれで終了。

雨に濡れて、すっかり冷えて風邪ひきました。