日暮れの甲種回送 久留里線 E130系

日暮れの甲種回送 久留里線 E130系

前回のE130系甲種回送が駅撮りだったので、今回は別の場所で待ち構えようとしましたが、陽が落ちるのが早くなり、養老川鉄橋の撮影は不可、いっそ木更津まで行こうかと思いましたが、陽が落ちると寒いのでやめました。

それで、前回に引き続き、今回も駅撮り、でも、想定以上に暗くてザラザラ写真になってしまいました。

E130系を待っている間、きっと本番は低速シャッターになるだろうからと、流し撮りの練習などしましたが、結局役立たず・・・

E257系

これくらい光が回っている間にE130系が来てくれるとよかったのに、気づくと、東の空には月がくっきりと浮かび、夕焼けもいつしか藍色に変わっていました。

EF641031

前回と同じ、EF64-1031がE130系を引っ張ってきました。

ホームの明かりを頼りに撮影しようとしましたが、人が構図に入り込むので、ホーム手前ぎりぎりで撮影することに、なんだか暗闇写真になってます。

救いだったのは、ものすごくゆっくり入線してくれたこと、機関車の明かりが遠くに見えてからここに来るまで、ずいぶん時間がかかりました。

E130系

ホームの明かりのおかげで、E130系の後ろ姿はきれいに撮影できました。車体がピッカピカなので、色々なものが映り込んでいましたね。

向いのホームで電車を待っている人の中には、あわてて携帯を取り出して撮影している人もいました。

さて、久留里線のキハ三兄弟が消えるまで、あと一ヶ月強、天気の良い日を選んで撮影に行かないと、後悔しそうです。