渡れない踏切・・・と今日の工臨

渡れない踏切・・・と今日の工臨

いつもの井戸端の後、昨日の小淵沢工臨の返空を撮影するためまずは千葉駅へ。

・・・行くはずでしたが、道をずっと歩いていくと何か変、緊急車両まで踏切手前で止まっています。

今日は道が混雑する日だっけ???と考えながらいつもの踏切の手前まで行くと、踏切が閉まっている???

ちょっとだけ線路の左右を見てみると、見える限り全部の踏切が締切中・・・・鉄道情報を見ないできたため、ようやくこの時人身事故だと気が付きました。

勘弁してちょんまげ・・・・

京成を越えないと千葉駅へ行けないので、ものすごく遠回りして、結局そごうまで歩いて京成を越える破目に。

新千葉と西登戸の間の2号踏切で人身事故があったと、京成千葉駅の改札前に貼り紙がありました。

あああ・・・京成踏切が締切だと稲毛に回るか千葉駅近くまで来ないと、人も車も京成の線路を越えられないという事態になるんですね。

しかも、JRまで遅延の嵐で、とにかく一番早い快速に飛び乗りました。

この日は真冬の気候に戻ったようで、寒い寒い中EF64-37を待ちます、

EF64-37小淵沢ロンチキ工臨返空

やっと来たEF64-37と空ロンチキ・・・・

長い間待っていたのに、通過はあっという間でした。

このあとは、EF64-37の単機回送を撮影するため移動。

EF64-37

単機回送はすぐに来ましたね。

良かった良かった・・・・

あまりに寒いので、一旦撤収。

無性に家でぬくぬくしたかったです。

8800形

帰宅途中、すでに通常ダイヤに戻った京成千葉線へ。

当該踏切は、人と自転車専用で車は通行不可。

何か来ないかと待っていると、8800形が通過していきます。

ただ、踏切辺りでは、京成の作業員さんでしょうか、線路から柵を越えて民家や小路へ下り、残骸の捜索???をしていました。

ここは遮断機が下りても、無理やりくぐっていく人が時々いるんですね。

人身事故はやめなよ・・・ということで、踏切をあとにしました。

そして今夜は工臨の日。

EF64-1009

5971レはEF64-1009で、ロンチキを牽いていました。

それにしてもすでに雨が降ってきて、昼間よりもいっそう寒い・・・・

そして本日の夜の目玉、佐倉工臨を撮影するため移動。

DE10-1697佐倉工臨

4チキを牽いてきたDE10-1697佐倉工臨。

昨日まで新小岩にいた逆エンドのDE10-1571は田端に戻ってしまったようで、佐倉工臨はこのDE10-1697が担当。

でも、DE10-1687の工臨の撮影は実はこれが初めてだったので、自分的には満足ですが、逆エンドのDe10-1571でも良かったな・・・・

DE10-1697

今夜の駅は賑やかで、作業着のままの酔っ払い???がやたら駅員さん達にからんで警察まで呼んでましたけど・・・

大人気ないクレーマーは、家族、友人、同僚からも嫌われるだけですね。

あとはサラリーマン風の酔っ払いがチキの上に乗ってダンスをして、警備員さんに注意されていました。

ああいう人には絶対に仕事を頼みたくないという典型的なサラリーマンでしたね。

ごもかく、これで撮影は終了。

工臨が出発する前に千葉駅へ戻ったら、すぐに工臨が追いついてきました。

帰宅すると、雨が雪になり、しんしんと降っています。