DE11-1041チキ返空とEF64鹿島貨物

DE11-1041チキ返空とEF64鹿島貨物

毎度天気予報に裏切られている感じ・・・・

メーカーから、カメラの新機種やレンズの案内をもらいますが、今のところカメラはこのままの数台体制でよいかなと。

レンズも望遠から広角まであるので、あえて欲しいものはというと200-400の1.4倍テレコン付 きくらいでしょうか。

今一番欲しいのは雲台で、ジッツォの三脚に付けているアルカスイスを他の雲台に取り換えようかと思ってます。

ジッツォと相性がよさそうな雲台を探ると、ハスキーという意見が多いため、ハスキーかな・・・・

値段も手ごろだし、雲台はいくつ持っていても使い道がありそう。

さて、この日の最高気温は18度だったそうですが、風は冷たく、日差しもなくて、そんな寒い中、再びDE11を撮影に行きました。

DE11-1041チキ返空

またまたDE11-1041。

どんよりくもり空でしたが、機関車が赤いので、締まった感じになりました。

次は、このDE11-1041の単機回送ですが、時間があったので、近くのコンピにですこし体を温めて、暖かい食べ物を買って再度鉄橋へ。

ユリカモメ

ゆりかもめの顔が黒くなりつつありました。

伊勢物語に書かれている都鳥は、このユリカモメだろうということです。

今ミヤコドリと呼ばれている野鳥は、三番瀬などで見られますが、くちばしが人参で、遠くからでも目立ちましたね。

ソメイヨシノとDE11-1041

ひょうきん顔になりつつあるユリカモメを見ているうちに、De11-1041が見えてきました。

ちょうどソメイヨシノが咲いているので、お寺の屋根とソメイヨシノを入れて。

新金線や越中島貨物線のソメイヨシノは満開になるまで日がかかりそう・・・・

鉄橋とDE11-1041

鉄橋も入れて撮影。

さすが単機は早いこと、さっと通り過ぎていきました。

この後、少し待てば鹿島貨物が来るので、体を温めるためにも歩くことにします。

EF64-1021

歩くといってもすぐそこまで・・・・

この日の鹿島貨物はEF64-1021、積載は後ろが見えないのでわからず。

でも、まあ、ここでEF64の鹿島貨物を撮影したのは、実はこれが初めてだったのでよかったかな???

ということで、撮影はこれで終了、さっさと帰宅しました。