DE10-1752蘇我ロンチキ工臨

DE10-1752蘇我ロンチキ工臨

先週のブラタモリは名古屋で、河村市長がとても喜んでいたとか???

今週も名古屋のようで、あちこち移動するんでしょうか???

太平洋戦争のとき、名古屋城は破壊しないようにと言われていたにも関わらず、誰かに間違って爆弾を落とされて破壊されてしまった・・・・

ということで、現在再築構想があるそうで、なかなか大変な事業のようです。

名古屋城は破壊されましたが、愛知県には国宝犬山城があるじゃないか。

尾張徳川家の家老だった成瀬氏が最近まで私有していた城ですね。

この成瀬氏は、意外にも千葉と関係があって、船橋市に宝成寺という曹洞宗のお寺がありますが、ここは栗原藩の成瀬氏とは深い関係。

栗原藩の成瀬氏は江戸期のかなり早い時期に断絶しましたが、その後も宝成寺は成瀬家の江戸の菩提寺になっていたそうで、本堂は5代成瀬氏が築いたものだそうです。

さて、久しぶりに夜のロンチキ蘇我工臨がありました。

3月以来かな???

今回も真っ暗な蘇我の撮影はやめていつもの駅へ。

DE10-1752蘇我工臨津田沼入線

ロンチキだと、駅員さん数人が事務室から出てきてお出迎えするんですね。

ホーム手前からかなり速度が落ちてきたDE10-1752。

いつもの15両編成快速の停止位置まで行けそうにない感じでした。

DE10-1752蘇我工臨停車中

撮影向きの場所で停止してくれました。

あまり前出しされると、暗くなってしまうので、このあたりがちょうど良いです。

そしていつものように先行。

蘇我工臨千葉駅通過

蘇我まで先行できましたが、この日はやめ。

千葉駅でDe10-1752を狙いました。

このあと、1時間ほどでまた千葉駅に戻ってきますが、そのころには駅は開いていないため、ここで撮影は終了。

蘇我工臨は、電車でずっと追いかけられますね。

でも帰宅はかなり遅くなりますけど。

撮影ご一緒したみなさん、夜遅くまでお疲れさまでした。