木更津常駐機のお仕事・DE10-1752お泊り大原ロンチキ工臨

木更津常駐機のお仕事・DE10-1752お泊り大原ロンチキ工臨

長らくJ2に甘んじているジェフ千葉市原ですが、最近はJ1昇格に向けてかなり本腰を入れているようです。

まず大事なのが食事の管理ということで、白米と脂身はNG。

食べるもの、食べる量、食べる時間もすべて管理され、おかげで選手たちの体はすっかり見違えたようにスリムになったというからすごいです。

食事もトレーニングの一環ということなんですね。

監督いわく、最高のマシンでも、悪いガソリンを入れればベストパフォーマンスは出せないとこと。

近々ジェフがJ1に昇格してくれるかもしれないと期待大です。

氷河期を生き残ってきた人類は飢餓遺伝子を持っていて、少ないカロリーでも生き延びられるようになっているとか。

ネグロイドの人達は今も飢餓遺伝子が働くので、例えば、アメリカに住んでいるネグロイドの中には、信じられないくらい体重は増えている人もいますね。

昔はジャバウォークと呼ばれていましたが、飛行機の座席一人分ではお肉がはみ出して座れない人は結構見ました。

ジャバウォークのジャバはスターウォーズのジャバ・ザ・ハットのことです。

ただし、炭水化物をある程度食べないと、カロリー消費のために筋肉を使うため命にかかわりますね。

ジェフの食事はあくまでアスリート用、アスリートでなければ白米に雑穀を混ぜるだけで、かなりカロリーを抑えられます。

でも、やっぱりごはんが好き。

さて、いきなりの大原行きロンチキ工臨。

水曜日に房総向け工臨が設定されると、新小岩操のDE10が2日間で交代するパターンでしたが、今回は交代はなく、代わりに木更津常駐機が夜まで新小岩操で待機していました。

午前中に木更津を出て新小岩操に向かったDE10-1752は、工臨の時間までずっと操作場の外れに留置。

DE10-1752大原ロンチキ工臨入線

真夜中近くになって、いつものようにロンチキを牽いてやってきました。

さて、このDE10-1752が一体どこに停車するか・・・・

DE10-1752大原ロンチキ工臨

ホームの照明がほとんどない快速の停車位置でした。

こうなるとお手上げなので、もう帰宅するしかない・・・

ロンチキ

帰る前に、後ろから撮影しようとホームを走る、走る、走る。

ロンチキは長いので、ちょっとした運動になりました。

この日はこれで終わり。

現場は近いので、一旦帰宅してから車を出しても十分間に合いましたが、眠いのでパス。

ご一緒した皆さんお疲れ様でした。