DE10-1752木更津単機回送

DE10-1752木更津単機回送

見逃していたバンド・オブ・ブラザーズのエピソード6衛生兵をようやく鑑賞しました。

バンド・オブ・ブラザーズは特定の個人にスポットをあてて描かれることが少ないので、全編にわたって衛生兵の視点で描かれていたこのエピソードは興味深いものです。

衛生兵は、武器を携帯しないため、戦闘の間は後方待機。

第101空挺師団E中隊の衛生兵ユージーン・ロウさんは、常に冷静に対処しようとしますが、このエピソードでは爆発することも。

衛生兵は、ただ怪我の手当てをするだけでなく、兵士たちの健康にも気を使い、薬や物資を手に入れようと奔走します。

こうしたエピソードを入れることで、戦場のもう一つの側面を理解できて良かったと思いますね。

このユージーン・ロウさんはD-Dayの後の戦闘も生き抜いてアメリカに生還した数少ないE中隊の一人でした。

帰国後は、医療の道には進まず、建築作業員だったとか。

過酷なドイツ進行で、色々思うところがあったのかもしれません。

さて、銚子工臨の後は、代理で越中島貨物の仕事をしていた木更津常駐機が木更津へ帰ります。

今の木更津常駐機のDE10-1752は試単することもないので、今回は久しぶりに木更津の入換を撮影することにしました。

DE10-1752木更津帰還

お帰りなさいのDE10-1752。

こういうシーンは本当に久しぶりです。

209系館山行き

DE10-1752の入れ替えに前に、下り線路を上って来る館山行きの209系を待ちます。

雨の後に気温が上がったため、景色がなんとなく白々していますね。

DE10-1752矢那川鉄橋

白々した中、矢那川の鉄橋の上で方向転換するDE10-1752。

デーテンの試単のなどの回数が減っているせいか、中線が随分さびてきているなと感じます。

今回はちょうど錆取りになってよいかも・・・・・

DE10-1752入換中

入換は順調に進みます。

そういえば、お弁当やさんがなくなって、アサリめしやサザエめしが食べられなくなった・・・・

ホームの駅弁やさん復活しないかな。

車庫入れ完了

DE10-1752は無事に車庫に収まりました。

ここが定位置なので、DE10がここに入っていないと落ち着かなかったりして・・・・

降車前のチェック

定位置に止まった後も、運転士さんが念入りに降車前のチェックをしていました。

常駐機交代までに出番がありそうなので、また錆取りできるかも。

次の撮影はススキとツーショットかな・・・・・