秋の成田線を行く DE10-1704銚子チキ工臨

秋の成田線を行く DE10-1704銚子チキ工臨

クィーンのボヘミアン・ラプソディがヒットしていますね。

今年はフレディ・マーキュリーが亡くなって27年だとか、もう27年かあ・・・・

彼はエイズで亡くなりましたが、当時、エイズはどちらかというと未知の病気で、致死率はとても高かったです。

フレディがゲイだったことは周知の事実でしたが、まさか彼がエイズに罹るなんて、誰も想像していなかったと思います。

本当に残念でした。

公開中の映画ボヘミアン・ラプソディの出演者で、最後まで決まらなかったのがフレディ役だったとか。

それぞれの俳優さんを見ると、フレディ役のラミ・マレックとディーコン役のジョゼフ・マゼロは、ザ・パシフィックでも共演していました。

二人はザ・パシフィックで実在の人を演じていたし、今回もそうですね。

まだ公開中なので、見に行きたいし、ブルーレイも早く出ないかな。

さて、久しぶりに銚子工臨を追いかけました。

やはり昼間の工臨が良いなあ・・・・

EF65-2088

工臨の前に一足早く通貨する鹿島貨物。

この日はEF65-2088でした。

DE10-1704銚子工臨

この時期の成田線の工臨なら、紅葉とツーショットを思い浮かべますが、今年はちょっと事情が違うため、ちょっと心配・・・・

銀杏と銚子工臨

でも、さすがにここまでは塩害の影響もないだろうとやってきたのが、毎年銀杏がきれいに黄色くなる場所。

多少葉っぱは落ちていましたが、黄色くなってました。

柿の実と銚子工臨

毎年たわわに実をつける柿の木ですが、今年は台風のせいか実がほとんど落ちていました。

この柿の実は甘いのでしょう、鳥がたくさん食べに来ていましたね。

ススキと銚子工臨

セイタカアワダチソウが台風でやられた後、ススキがきれいに伸びています。

ここでしばらく停車する銚子工臨。

この日はロンチキスジのため、いつもの停車駅では止まりません。

一休みの運転士さんと話していたら、今日は佐原の暖簾構図で停車してくれるという事だったので、このまま佐原へ向かうことにしました。

佐原駅のDE10-1704

佐原駅で暖簾構図で停車したDE10-1704。

ブレーキかをけるタイミングがあえば、きれいに改札から見える位置にとまれるそうです。

DE10-1704銚子工臨佐原停車中

最後は佐原駅に停車中の銚子工臨。

運転士さんはずでに駅舎内だったため、お礼が言えませんでした。

滑河でご一緒した皆さんお疲れ様でした。

佐倉機関区の運転士さん、暖簾構図ありがとうございました。

久しぶりに銚子工臨を追いかけて、充実した一日でしたね。