DE10-1704銚子ロンチキ工臨とMue train

DE10-1704銚子ロンチキ工臨とMue train

京都アニメーションの放火事件はひどいです。

聾の形は胸の奥がキュンとなる作品でした。

どの作品も背景がとてもきれいで、人物の動きが滑らかで作品の仕上がりはまさに一級品。

スタジオの跡地は公園にするということです。

犯人はやっぱり・・・という人物。

怪我をされた方の一日も早い回復を願います。

放火と殺人はかなりの重罪なので、裁判が長引かないと良いですけど。

犯人は前科2犯、親は離婚済で兄弟が二人。

報道で見る限り、家庭環境は劣悪。

原因は色々ありそうですが、犯人は被害妄想と承認欲求がかなり強そうです。

精神科の診療報酬の点数を上げて、軽症でも長期入院できるように改正すれば、こういう人を野放しにしなくてすむかもしれないですね。

さて、すっかり忘れていた銚子行きのロンチキ工臨。

あわてて支度して出かけました。

Muetrain

この日はミュートレインも走っていたので、まずはミュートレイン。

必ず一時停止するため、1/125でも余裕で撮影できました。

NEXとDE10-1704銚子工臨

ミュートレインが関係したのかどうか。

珍しくNEXが遅れて、銚子工臨に被りそうになりました。

DE10-1704銚子ロンチキ工臨

ちょうどNEXが抜けて、DE10-1704銚子ロンチキ工臨が入線。

反対側のレーンの信号も青になっていて、かなりどきどき状態。

Muetrainとロンチキ

工臨が入線し終わって、すぐにミュートレインが成田から戻ってきました。

こんなタイミングもそうそうあるわけじゃないので、ミュートレインとロンチキのツーショット。

ミュートレインはすぐに千葉駅方面に走っていきます。

この後は、しばらく何もなし。

DE10-1704銚子工臨

追いかけないと決めていたので、ヘッドライトが点灯して出発を待つことにしました。

出発時間ギリギリでヘッドライト点灯。

ゆっくりと駅を離れて行きます。

出発

中線から本線へ。

次回は銚子まで追いかけるかなあ・・・・

行ってらっしゃい、銚子工臨。

EF64-1034鹿島貨物

工臨が見えなくなってすぐに信号は青に。

EF64-1034鹿島貨物が通過しました。

この日の撮影はこれで終わり。

銚子工臨を追いかけなかったのは、なんとなく体が重たかったから。

それもこれも、この梅雨空のせい。

早く梅雨が明けないかな。