DE10-1704千葉工臨と武蔵野線ケヨM72試運転

DE10-1704千葉工臨と武蔵野線ケヨM72試運転

春めく3月なのに、東日本大震災の記憶と東京大空襲の記憶が重なる人もいると思います。

幼いころには、祖母から戦争の話などもよく聞きましたが、覚えていることもあり、忘れてしまったこともあり。

実家は田舎なので、空襲はなし。

でも、都市へ空襲に向かうB29の大編隊を、一応タコつぼの中から怖い怖いと見上げていたそうです。

近いわけではないけれど、旧日本軍の巨大な通信施設と高射砲があって、戦後しばらく実家近くの高台からよく見えました。

アメリカ軍は簡単に破壊できる高射砲と通信施設を破壊せず、それを目印にして左旋回し、目標の都市に向かっていたそうで、何とも賢いこと。

B29が飛んでくれば、一応高射砲も撃ってみたそうですが、全然届きません。

日本軍の迎撃機一機もなく、B29はやりたいだけやって、また編隊を組んで悠々と戻っていく。

しかし翌日の新聞は景気の良い見出しばかりだそうで、敵機何十機撃墜とか空母何隻撃沈とか。

一体いつ日本軍の飛行機がB29を撃墜したのか、少なくとも空襲の前には味方の飛行機など一機も見えなかったのに・・・・

ということで、庶民はそれほどおろかでもなく、皆あんな見出しは嘘と分かっていたそうな。

大叔母達が大事に育てていた野菜を、毎晩毎晩、兵隊たちが盗みに来ていた話もありましたね。

新聞の見出しとか放送とか政府の話とか、すべて嘘だった頃の話ですわ。

さて、久しぶりに千葉工臨があると聞いた火曜日、ついでに鹿島貨物も撮影するためお出かけ。

EF65-2093

青プレートのEF65-2093の後ろには、北海道オホーツクと書かれたコンテナがひとつ乗っていました。

中身は、果たしてホタテなのか、ホッキ貝なのか・・・・

209系東千葉

ダイヤ改正で??、ここで方向転換する209系が入線する番線も変更になりました。

この日は偶然訓練とも重なったためかもしれませんが、いつもはピタッと隣に停車していた209系がいなくなって、鹿島貨物をすっきり撮影。

DE10-1704千葉工臨

しばらくして、DE10-1704がチキを牽いて入線。

DE10-1704はまだ煤けてましたね。

サイドを見れば、宇都宮の宇から高崎の高に札が差し替えられていました。

入換

いつもの記号番号が表示されると、入換開始。

この日は線路横に工事も入っていて、黄色の旗が振られていました。

DE10-1704と梅

チキを開放したDE10-1704が新小岩回送のため行ったり来たり。

この日は、雨が降ったり晴れたりと天気も忙しい。

でも、ちょうどDE10-1704が単機で戻ってくた時に晴れてくれたので、茂みの中の梅の花とツーショット。

後は回送だけなので、ここを離れます。

DE10-1704回送

千葉駅で、新小岩へ回送されるDE10-1704を撮影。

この後DE10-1704がどこへ回されるのかわかりませんが、しばらく木更津常駐はなさそう・・・・

ここで一旦撮影は終了し、ずっとペンディングされていた用事を片付けに行くためモノレールに乗りました。

用事を済ませて帰りのモノレールに乗っている最中に、武蔵野ケヨが試運転をやっているらしいという情報をもらい、一路外房線へ。

武蔵野線209系外房線試運転

途中から雨が強くなっていく・・・

時間的に千ケヨに向かうところしか撮影できないので、ギリギリ間に合うような駅へ。

随分濡れて撮影しましたが、天気が悪い方が試運転の文字はよく見えますね。

ケヨ車試運転は外房線なのかな????

武蔵野線は8両編成なので、このカーブでも最後尾まで切れずに収まって良かったです。

これで撮影はすべて終了。

実入りの多い日でしたが、雨に濡れたせいで風邪ひきました。