(昔の)DE10-1697 木更津回送

(昔の)DE10-1697 木更津回送

掃除が終わらなくて撮影に行けないため、昔撮影したままお蔵入りになっていた写真を・・・

もう何年も鉄道写真を撮影していますけど、未だに鉄道には詳しくないんです。

鉄道のあれこれはかなり奥が深くて、足を踏み入れると抜け出せないというか、記憶力が良くないと全然分からない・・・・・

でも、覚えれば楽しいでしょうし、これからぼちぼち勉強しようかな。

覚えると言っても、駅のホームに立っていてもしょうがないので、興味がありそうな本を見つけて読むのが一番かも、

最近、千葉駅などは駅舎改装に伴って駅名の表示がいろいろ変わったりしています。

周辺の駅でも駅名の文字が変わったりしていて、フォントは何だろうとか思ったりして。

同じ駅でも、あっちとこっちで違うフォントが使われていたりと、駅名だけでも見ていて面白いです。

それでいろいろ探したら、最近もじ鉄なる本が出ていたので、さっそく注文。

まだ手元には来ていませんが、文字から見えてくる鉄道というのもかなり興味をそそられます。

もじ鉄 書体で読み解く日本全国全鉄道の駅名標

日本全国の鉄道の駅文字について書かれています。

特に興味を引かれたのが京成電鉄で、書体だけでなく、文字と文字の間隔の違いなど、奥が深いですねえ、ジャングルです。

著者のブログを読んでいて、印象的だったのが京成町屋駅の橋桁、都電とクロスしているところですが、かすかに葉千と読めるんですね。

今度見に行こう・・・・

さて、データのバックアップを見ていたら、編集だけしてアップしていなかった写真がいくつか出てきたので、それを使って更新。

昨年の11月にも木更津に常駐していたDE10-1697の回送です。

この月には、キヤ回送もあったり、銚子のロンチキ工臨もあったりと、今月と似てる・・・・

キヤ回送はローピンだったし、まるでデジャブでした。

DE10-1697回送

訓練の後だったのかも???

なんで単機で回送されてきたのか覚えていません。

E217系とDE10-1697

E217系と並ぶDE10-1697は、木更津では御馴染みの風景です。

それにしても、内房線の不便さは困りますね。

夕方の混雑する時間に安房鴨川から4両編成で走って来るとか、なんとかしてほしいです。

DE10-1697入換

木更津で、入換を誘導する人も、年々交代しているんですね。

以前よく見かけた人がいなくなったりと、転勤かな???

ユーターン

ユーターンするときは、橋梁の高さがちょうど良いらしい。

入換中

久留里線のキハE130系とは連結できないDE10ですが、これからもずっと木更津に常駐して欲しいです。

それにしても、昔のSLもそうですが、必要なものをくっつけてみたらこうなったというデザインが良いですね、とても好きです。

入換ほぼ終了

入換も、車庫まで来ればほぼ終了。

定位置に来ると、ホッとしたように運転士さんが下りてきます。

デーテンの後ろに客車を連結させて、週末周遊とか房総を走らないかな。