DE10-1662+E531系グリーン車甲種と189系M51回送

DE10-1662+E531系グリーン車甲種と189系M51回送

久しぶりに鎌倉へ行きました。

アジサイの見頃ということで、北鎌倉の改札は塞がり、横須賀線の踏切は塞がり、線路沿いの道も塞がり・・・・

昔はこんなに混雑していなかったような????

アジサイはきれいですけど、アジサイを見るというより、人を見に行くという感じです。

自分は鎌倉まで電車に乗りましたが、おっと江ノ電は相変わらずの込み具合。

そのアジサイですが、元はアジアの固有種、それが西洋で品種改良されて逆輸入されています。

日本の固有種は、房総半島、伊豆半島、三浦半島などに自生するガクアジサイ。

北海道、東北、北陸に自生するエゾアジサイ。

東北の一部から本州以南に自生するヤマアジサイの3種類だそうです。

アジサイは、土壌が酸性だと青くなり、アルカリ性に近づくにしたがって赤くなる性質があるものですから、移り気などと言われ、あまり和歌には詠まれていないとか。

今はものすごくたくさんのアジサイの種類があるし、育てるのも案外楽なので、鉢植えで楽しむのも良いかも。

さて、鎌倉に行った目的はE531系の甲種。

まずは新鶴見DE10の単機回送を待ちます。

DE10-1662

今日の担当はDE10-1662。

木更津に来るDE10とはカラーが違うので、いつ見ても斬新です。

DE10-1662+E531系グリーン車

しばらく待つと、E531系のグリーン車6両を引いてきたDE10-1662が来ました。

ダブルデッカー車だけの甲種なので、かなり見栄えがすること。

E531系グリーン車

グリーン車の連結部分をこんなにはっきり見たのはこれが初めてですね。

後ろから見ても見栄えのする甲種でした。

この後は、189系待ち。

189系M51回送

回送ですけどね・・・・

成田臨以来かも???

この回送は一旦逗子まで行って戻ってくるので、次は戻り待ちです。

189系M51

逗子から189系M51が戻ってきました。

こちらが順光、順光ゆえに影も落ちるため、良し悪しです。

これで鉄道撮影は終了。

地元の方と少し話し、この先でお別れ、暑い中、お疲れさまでした。

さて、駅に戻る途中、鎌倉の家々の庭は本当にきれいに手入れされているなと、歩きながら感心。

庭に咲く花々を見るだけでもかなり癒されます。

鎌倉駅は、やはり混雑混雑・・・・

そして駅の改札機にはちょっとした貼り紙があって・・・・

ツバメの子

頭上にはツバメの巣がありました。

午前中に鎌倉に到着した時には3羽の子供がいましたが、1羽は巣立ちした様子。

残りの2羽の巣立ちを促すため、パパツバメとママツバメは巣に近づいてはユーターンを繰り返します。

おそらく夕方か明日の朝には皆巣立っていることでしょう。

鎌倉駅の駅員さんに見守られて、今回の子育ては無事完了。

あと1、2回は子育てすると思います。

それにしてもツバメはかわいいな。