DE10-1604回ります・木更津常駐機交代

DE10-1604回ります・木更津常駐機交代

館山工臨の返空の際に木更津常駐機が交代するものと思ったら、今日いきなり交代しました。

それで、いつものように木更津で交代機を待っていたら、目の前に停車していたキハE130系の足元で盛んに動き回るハクセキレイを発見。

じっと観察していると、104号の台車の奥に巣を作ろうとしていました。

細い枝をくわえて何度も何度も台車の奥に消えていくハクセキレイ。

巣の出来具合によっては駅の人に伝えたほうが良いのではとも思いましたけど。

ハクセキレイ

運んでいた巣材が長くて丈夫そうな枝ばかりだったので、まだ作り始めたばかりのようです。

抱卵した後では鳥獣の保護等又は鳥類の卵の採取等の規制(第8条-第18条)により、この電車を動かすことは難しくなりますが、今回は大丈夫。

エンジンがかかると驚いてハクセキレイは飛び立っていき、帰ってきませんでした。

さて、今回のダイヤ改正などで木更津常駐機交代機到着の時間もずいぶん変わりましたね。

今日の交代は、DE10-1752が高崎に、交代機は高崎から来ます。

そのため、さらに時変が・・・・・

DE10-1604木更津到着

やってきたのは検査明けのDE10-1604です。

でも、なんか変だな???

DE10-604入換

なんだかエンドが逆な感じ・・・・

この入換も快速の出発を待ってからなので、運転士さんはずいぶん待たされていました。

DE10-1604逆エンド

いつものように矢那川の鉄橋で引き返してきたDE10-1604。

このまま一旦車庫に入りました。

DE10-1604車庫出し

でも、すぐに車庫から出てきたD10-1604。

エンドを直すため転車台に向かいます。

DE10-1604転車中

転車台発進・・・・

今回は半周させるため、転車させるための人出も多いです。

DE10-1604転車終了

ほぼ転車終了。

これを見ると、これがいつものエンドだなと思いました。

転車が終われば、あとは車庫に入るだけ。

DE10-1604車庫入れ

無事にエンドを直したDE10-1604は誘導されて車庫に入っていきました。

入換作業と転車作業は分業されているんですね。

入換で一度車庫に入った後の転車作業は制服来た人たちの仕事のようでした。

さて、DE10-1604の一周工臨はあるかな???