DE10-1603館山ホキ工臨

DE10-1603館山ホキ工臨

昨年日本でも報道されたフランスの無肢症の子供たち。

未だに原因は分からずだそうです。

特定の地域だけに腕や手が欠損した子供が高確率で生まれるのなら、原因は特定できそうなんですが、全然分からないのか、それとも公にしないのか。

日本でも有名なのサリドマイド薬害は、ヨーロッパでも猛威をふるい、かなりの四肢欠損の子供が生まれました。

でも、今回はサリドマイドではなさそう。

農薬ではと言われてますが、フランスは農業大国、わかっても公にしないかもしれませんね。

気になるのは日本。

日本は奇形出生率が世界第二位です。

なぜかは、ネットで調べれば色々出てきますけど。

子供が10ヶ月過ごす羊水には、母親が摂取したありとあらゆるものが流れ込み溜まります。

食べ物だけでなく、石鹸からシャンプーまで、色々なものが羊水に溜まるわけで、そんなところで子供が成長します。

という事で、人口減少は結婚しないだけではなさそうですね。

さて、念願の館山工臨・・・・

そうは言っても、実は館山工臨は木更津停車が長すぎて、あまり撮影向きではありません。

DE10-1603館山工臨

てっきり新小岩のDE10が来るものと思いましたが、意外にも木更津常駐機のDE10-1603が担当。

この前の銚子工臨も木更津常駐機だったし、房総工臨は木更津常駐機担当???

8ホキを牽いたDE10-1603は内房線を木更津へ。

で、木更津まで追いかけることにします。

DE10-1603館山ホキ工臨

木更津で、出発まで長いお休みのDE10-1603館山工臨。

DE10-1603と久留里線

いつもここに常駐しているDE10-1603ですが、一応久留里線車両とツーショット。

行って帰って行って帰ってと2往復するので、結構面倒っぽい。

DE10-1603

この黄色くて、くるくる回るクローバーが好きです。

換気装置でしょうか????

久留里線キハE130系

せっかく木更津まで来たので、久留里線も。

久留里線でサイクルトレインの計画があるとか。

平坦そうに見えて起伏がある地域ですね。

でも、久留里から亀山方面へは自転車でのんびり走るには良いところ。

久留里周辺もとってもきれいな場所が多いので、良い企画だと思います。

久留里なら、地酒ツァーとかもやればよいのに、地味だけど、歴史ある地域なんですね。

3万国最中、食べたいなあ・・・・

ホキ木更津停車中

最後は後ろから。

館山工臨は、木更津出発が遅くなって追いかけるのが難しくなりました。

途中停車もなくなったし・・・・・

いっそ館山まで行った方が良いのかな???