御竜頭の舞とDE10-1704佐倉ロンチキ工臨

御竜頭の舞とDE10-1704佐倉ロンチキ工臨

連休の最終日、天気が良いと思って出かけたら曇って寒いし、しかも意図せず長距離を歩いたためダウン・・・・

しばらく家でじっとしていました。

9月10月は房総でお祭りが多いので、地元のお祭りだけでなく、少し遠くのお祭りに出かけようと思ったのが運のつき。

寒空の下10キロ以上も歩く破目になり、風邪をひきました。

参った・・・・

随分前に、一度テレビで見かけたお祭りを、もう一度テレビで見かけると、おりしも連休最終日はお祭りの最後の日。

千葉駅で貨物を撮影したあとで、大網経由の成東行きに飛び乗って、求名まで、ぐみょうって難読地名か・・・・

EF65-2101

久しぶりにEF65-2101を撮影、積載は相変わらず・・・・

このあと、成東行きに乗って求名まで。

求名駅ホームの待合室は、台風で屋根が吹き飛ばされていて、見るも無残な姿になっていました。

求名から、御成街道の白幡四つ角を目指して歩きまくり、旧成東町の白幡八幡神社へ。

ここは源頼朝や徳川家康にも縁がある由緒正しい神社ですが、意外に知られていない・・・

御竜頭の舞

ここで一年に一度奉納されるのが御竜頭の舞。

もとは源頼朝が疫病退散のために奉納したのが始まりだそうです。

御竜頭

頭巾の下にはこんなに立派な竜の頭。

この竜頭は鎌倉時代の作と言われているそうです。

地元の皆さんのこじんまりとしたお祭りですが、ここは御成街道近く、徳川家康縁の記念碑などもありました。

白幡

この神社の正式名称は八幡神社ですが、地名が白幡でもあり通称白幡八幡神社と呼んで、他の八幡神社とは区別されているようです。

お祭りにときには、手織りの白幡も掲げられます。

周囲には、まあ立派な門構えのお屋敷が多いこと。

スナップ趣味の方にとっては、被写体の宝庫だと思いますね。

お祭りは途中でしたが、帰りも歩きたくないので、バスの時間にあわせてお暇しまいた。

行きは2時間弱、帰りは15分で成東駅に到着。

これからは車かバスにしよう・・・・

自分は武射田に迷い込んだためかなり歩きましたが、求名からは7キロか8キロくらい、成東駅から2時間おきにバスが出ています。

武射田はむざた、これも難読地名だった・・・

そして帰宅し、見事に風邪をひきました。

数日家に引っ込んだまま出かけず。

けれど、昨日は工臨があったため久しぶりに外出しました。

EF65-2090

まずは5971レから。

EF65-2090の後ろにはコキとチキが4つ、その後ろにはもっと面白い物が連結されています。

ZM8A-10

車輪を積んだZM8A-10が2つ。

時々連結されてきますね。

この5971レを見送って、工臨の撮影へ。

先週は木更津行きのロンチキ、今週は佐倉行のロンチキと、ロンチキが続きます。

DE10-1704佐倉ロンチキ工臨

この日は駅員さんも事務室から出てこず、わりと静かな撮影でした。

DE10-1704は田端返却を延期してこの工臨を担当。

ロンチキなので、E217系の停車位置くらまで行ってしまいました。

それで、先回りしてもう一度撮影。

佐倉行ロンチキ

上り電車で何かあって、しばらく停車していましたが、無事に発車。

そのあとすぐに下り、上りと来ましたが、被ることはありませんでした。

流し撮り・・・とおもったら、ここでいきなり低速に・・・・

全然流れませんでしたね。

でもまあ、良かったです。

これで久しぶりの撮影は終了、風邪をぶり返したかも・・・・