春のDE10-1654千葉工臨とEF65-2081鹿島貨物

春のDE10-1654千葉工臨とEF65-2081鹿島貨物

最近テレビから忖度忖度と聞こえてきます。

渋滞するので新しく道路を造れという話ですが、その渋滞しているはずの道路はスッカスカ。

近所の国道の方が何百倍も渋滞してるけど・・・・

さすが忖度県民の常識は一般常識とはかけ離れているとしみじみ感じました。

自分以外の車が走っていると渋滞しているという事かもしれません。

県外で生活できないよおお・・・・

もう一つの忖度は、ボーイング社の737MAX。

とにかく運行を止めたくない、他国に売り込みたい、欠陥を認めたくないという会社の思惑通りに政治が忖度した結果、あちこちで飛行機が落ちまくりました。

飛行機の前部が異常に重く、そのためバランスをとるのが難しくなり、それならコンピューターに任せようとしたら、プログラムがタコでしたという話。

どんなチェックをしたのか、ボーイングのプログラマー達はいい加減な仕事をしましたね。

さらに、かのFAAも今やプロフェッショナルではなくなっているもよう。

昔の747は良い飛行機でしたけど、段々改悪が重なって、事故多発の今の飛行機には乗りたくないですね。

さて、桜咲く春、3ヶ月ぶりの千葉工臨でした。

EF65-2081鹿島貨物

まずは鹿島貨物のEF65-2081。

後ろに少しだけ市民会館の桜が見えます。

DE10-1654千葉工臨

ダイヤ改正後初めてのDE10-1654千葉工臨。

千葉駅入線の番線が変わってましたね。

しかも、この日はたくさん運転室に人が乗っていて・・・・8人ほど乗ってました。

そんなに乗れるの????

入換中

こんなにたくさんの人が・・・・・

ホームにも関係者の姿がありまして。

訓練もあったのでしょうが、手順書の確認をしていたようです。

DE10-1654入換

そういう事情もあり、いつもの3倍くらい時間がかかっていました。

なかなか入換が始まらず、ようやく始まってもなんだかタラタラ・・・・・

一旦停止

チキ開放する場所へ、大勢が先回り。

ともかく時間がかかりました。

この後、全然チキが開放されず、ホームでボケっと待つのみ。

DE10-1654チキ開放後

ようやくチキから離れてきたDE10-1654ですが、これが209系と被り・・・

4人乗っていた運転士さんは一人になってましたね。

回送準備

新小岩回送のため、ポイント向こうから引き返してきたDE10-1654。

いつも乗れる電車はとっくに行ってしまい、次の電車は30分後。

その電車に乗って、ダイア改正後、回送の時間が変わっていないか確認するため千葉駅へ。

DE10-1654単機回送

番線も時間も変わってました。

10番線は使わなくなりましたね。

千葉駅

しばらく千葉駅で停車した後、新小岩に向かって行きました。

これで工臨の撮影は終わり。

ダイヤ改正で、貨物ダイヤも工臨ダイヤも変更あり。

夜工臨も早朝返空も撮影できなくなったし・・・・

なんだかなあ。