今日の千葉貨物ネタとE211系返却

今日の千葉貨物ネタとE211系返却

とうとう今週は真田丸が最終回になりますが、来年の大河は直虎男性説が出てきてなんだか微妙・・・

井伊家発祥という井伊谷(いいのや)は、すっかり大河に染まっているような感じで、もちろん看板の井伊直虎は女性の姿です。

井伊谷は浜名湖の北、天浜線で行くことができるかな???

井伊谷には、井伊谷城跡、井伊直虎のお墓、直虎を城主にした住職の龍潭寺、井伊家発祥の井戸などの観光名所があるようです。

直虎を女性であるとした資料の井伊家伝記は少々作り話があるとか。

後世になって、我が家はこんなにすごいぞと、色々書かかせたものかもしれません。

秀吉が真っ赤な嘘の家系図を作ったのも出自を隠し箔をつける目的なので、どれもこれも真実はわかりません。

井伊家の再興を果たした直政、徳川古参の家臣ではありませんが、四天王と語られることがありますね。

勇猛果敢であったので、徳川下で異例の出世を果たしますが、性格はかなり冷淡で残酷。

でも、育ちを考えると仕方がないかも。

さて、今日はものすごく寒いのに、何故かダウンでなくチェスターコートで外出したため、ずっと肩に力が入っていました。

取りあえず、近場のネタを拾うため蘇我へ。

EF65-2139

久しぶりに撮影しましたのEF65-2139。

今日の蘇我は静かで、この1091レも静かに遅れてきました。

EF65-2088

EF65-2088は、何度も運転士さんが下りてきて機関車の外回りを確認していましたね。

出発はいつも通り重たそうで、低速で、でも順調に貨物線の坂を上っていきました。

このあと、水戸工臨と鹿島貨物をどうするか悩んで、まずは千葉駅へ。

あのコッペパン屋さんでお昼を買って、水戸からEF81が送り込まれたのを確認してから新小岩へ移動しました。

EF81-98とホキ

新小岩に着くと、すでにEF81-98が到着していたので、ホキをプッシュしてくるのを待ちながら、寒いベンチでお昼・・・・

コッペパンは美味しかったです。

でも、マックスコーヒーコッペを食べる勇気はまだないですね。

マックスコーヒーって、練乳にコーヒーを混ぜたようなものすごい甘さですから。

EF81-98がホキをプッシュして入れ替えが始まるなという頃、せっかくなのでE211系を撮影に行こうと新小岩を後にしました。

EF64-1002鹿島貨物

馬橋支線で撮影しようと思いましたが、久しぶりだったので道に迷い、どっちの線路かで迷い、学生さんに声をかけて教えてもらいました。

かなり迷ってうろうろしたため、本当に助かりました、ありがとうございます。

それで、まず鹿島貨物でテスト撮影。

影になるのはしかたないけれど、後ろが切れそうなので、立ち位置を調整。

EF81-141高崎E211系配給

鹿島貨物の後、しばらくして長岡のEF81-141と高崎E211系が来ました。

ここでEF81-141を見るのは初めて、E211系が通過するのも珍しいかな・・・

なんとか後ろも切れずに撮影。

高崎E211系

E211系の顔も撮影。

3両と3両の顔合体の2編成でした。

以前は千葉にも疎開してきた高崎E211系、また来てちょ。

今日は115系の廃回もあったけれど、あそこまでいく気力なし・・・

でも、次回は行こうかな。

そして次のE211系は、日が当たる場所で撮影するか・・・・

寒い一日の撮影はこれで終了。

帰りの電車では超爆睡してました。

そういえば、徳川家康の家系ですが、世良姓とか藤原姓とか源氏とか色々な姓を名乗った家康さん。

本当は松平村の松平さんのはずですが、松平に婿に入ったという家康のご先祖のお墓が神奈川県で見つかったらしい・・・

明治期のことなので、信ぴょう性はわかりません。

三州松平で亡くなったはずの人のお墓がなんで神奈川にあったのか、これもまた謎謎。

家系図なんてどうとでもなるからな・・・・・・