京成動揺測定と内房線コスモスとDE10-1752回送

京成動揺測定と内房線コスモスとDE10-1752回送

ブランドのコーチが社名を変更するそうです。

変更後の名前はタペストリー・・・・

メイド・イン・USAではなくなった時から、コーチは買わなくなりましたね。

良くも悪くもアメリカ製と言われたコーチ、巷ではオールドコーチなどと呼ばれていますが、何せ丈夫で使いやすかったです。

今でもポーチ、ショルダーバッグなど使いますが、すべて貴重なオールドコーチばかり。

コーチはEUのブランドに比べて値段が手ごろで皮が良いという評判でした。

高額ブランドのバッグでも、使っている皮を見るとあれれ・・・・というのがよくあるようです。

そういう情報は、ブランドからはなかなか出てきませんが、小売り側の商品をテストするサービス部門から聞こえてきますね。

現在はどうなのかわかりませんが、なめし技術の高いブランドは、ヨーロッパの、まさに今ニュースになっている国という事でした。

さて、お天気はイマイチ、でも隔月に走る京成の動揺測定の日だったので、いそいそ千葉線へ。

京成動揺測定

久しぶりの4両編成、たくさん人が乗っている。

今回も3500形未更新車でしたね。

京成幕張駅横によくレール運搬車が留置されていますが、時々レールも乗ってます。

京成のレール運搬を見たいと思いながら、いまだに実現せず・・・

3500形更新車

京成の検測を撮影したので、次の場所に移動しようかと考えていると、これも久しぶりの3500形更新車のちはら台行き。

最近は3000形ばかりが走ってましたから、撮影も久しぶりです。

京成の撮影はこれくらいにして、ここからJRの千葉駅へ散歩がてら歩きました。

行先は内房線。

コスモスと209系

下りの内房線に乗ってお花ポイントへ。

想像以上にコスモスがたくさん咲いていましたね。

今年は菜の花が少し寂しかっただけに、これは嬉しかったです。

コスモスとDE10-1752

ここで早朝銚子工臨返空を終えて、木更津へ戻るDE10-1752を撮影。

ベストな場所とは言えませんが、沿線近場でこれだけコスモスが咲いている場所はここだけなのです。

この日は濃霧注意報が出っぱなしだったせいか世界がずっと白かったですね。

でも、雨も降らず撮影は無事終了。

帰宅するとやはり暑かったせいか汗をかいてました。