253系きぬがわ回送と久しぶりのブルサン

253系きぬがわ回送と久しぶりのブルサン

直虎は軌道にのってきたんでしょうか。

柴咲コウさんの尼姿も板についているとは思いますが、波乱はこれからかな???

次郎法師のお父さんがよくお花を生けていますが、あれは池坊でしょうか。

龍潭寺は臨済宗、つまりは禅宗なので、やっぱり池坊なんでしょうね。

自分も池坊の教室に通いましけど、奥が深くて・・・・

華道では最古参の池坊、もともと仏教界をお花にみたてて水盤に生けるので、華道教室の最初は仏教の勉強でした。

実家は禅宗なので家族全員が華道は池坊、お正月になると全員でお花を生けるので飾る場所は取り合いでしたね。

ところで、臨済宗も宗派がたくさんあること・・・・

浜松だと方広寺が大本山ですが、龍潭寺は京都の妙心寺が大本山のようです。

御本尊は虚空蔵菩薩、虚空蔵菩薩は鉄と結びつく土地柄に多い仏像だそうですけど。

ちなみに、自分は曹洞宗で大本山は永平寺です。

さて、最近は色々やることが多くてあまり遠出しません。

それで、あまり撮影しないのもなんだかなあ・・・ということで、253系が回送されてくるところを蘇我で狙うことにします。

253系回送

京葉線から降りてくるところを撮影したかったのでカメラを構えていると、結構影が落ちていて、影に入るとただでさえ黒い253系の顔がますます黒くなる・・・

回送は時間通りでしたが、何せ速度が遅い、遅いのに文字が少し切れてしまいました。

このまま誉田まで行って、方向転換して戻る253系。

追いかけようとすれば追いかけることもできましたが、前回外房線で撮影したので、今回はパスしました。

E257系回送

次の目的のブルーサンダーを待つ間、色々撮影しながら時間をつぶします。

まずはE257系の回送から。

E257系は行って来いで、行った先でずっと留置するってことはないんですね。

京葉線E233系

おそらく、誉田で253系発車直前に先行する京葉線直通のE233系が外房から戻ってきました。

交代の運転士さんどうしはいつも笑顔で何か話していますね。

EH200-16

少ししてEH200-16が到着。

253系と時間が重なりました。

253系とはE233系と並んで欲しかったのですが、ちょうどE233系が出発し、253系が入線してくるというタイミングの良さで並びません。

それにしても、ブルサンを撮影するのは久しぶりでしたけど、クマイチどうなったっけ???

253系

ブルサンを後追いしようと振り向くと、253系が目の前にいました。

乗り心地はとっても良い253系、翌朝日光方面に行ってしまいます。

勝浦雛まつりでも房総に来てくれるので、菜の花見つけてツーショットでも狙いましょう。

これでこの日の撮影は終了。

風があって、相変わらず蘇我は寒かったです。