JR貨物30周年ヘッドマークとDE10-1751蘇我ロンチキ工臨

JR貨物30周年ヘッドマークとDE10-1751蘇我ロンチキ工臨

雪崩で高校生が犠牲になるという痛ましい事故が起きました。

教師達の記者会見を見ていて、なんだかものすごく腹が立ちましたけど。

それでも山では色々起こるらしい・・・

登山が趣味の家族の知り合いの話ですが、山に登っていると急に雲が流れてきて周囲が真っ白になったため、一旦足を止め雲が晴れるのを待っていたそうで。

ふっと上を見ると、これから登る予定の尾根辺りだけうっすらと雲が晴れていて稜線がぼんやりと見えたそうです。

その尾根に何人もの登山者が見える・・・それも5人6人ではなくて、何十人もの人が列になっていたそうです。

やがて雲がすっかり晴れて稜線もはっきり見えるようになると、大勢の人の姿も消えていたとか・・・

よく似た話を本で読んだことがあるので、そういう事もあるんだなと。

山ではいろんなことが起こるようですが、今回のことは、スキーもできない状態なら下山する判断をすべきだったと思います。

さて、怠け気味の撮影ですが、久しぶりにネタが来るらしいということでお出かけ。

EF65-2067

JR貨物30周年のヘッドマークを付けたEF65-2067です。

あちこちで方向転換するので、果たして蘇我側にヘッドマークが付くかどうか怪しんでいましたが、ちゃんと下り側にヘッドマーク。

JR貨物30周年ヘッドマーク

JR貨物30周年という事は、国鉄解体から30年ということですね。

国鉄を民営すればもっと便利になるとかいう謳い文句は、とっくに吹き飛んでますけど。

EF65-2067入換

1091レの機関車は蘇我構内留置になるため、ここから入換。

先入れ後出しの千葉貨物だと、これは構内に留置しておいたほうが便利なのかな????

入換を横目に、8685レを撮影するため駅に戻りました。

EF65-2097

ダイヤ改正後に少し時間が変わったのか、なかなかタキが来ませんでしたが、駅に戻るとKDがタキを牽いて入線していました。

今日は改札前で踏切に注意しましょうというメッセージ付きのポケットティッシュを配っていましたっけ。

それをもらって、ホームに来ると、すぐにEF65-2097が出発しました。

昼間の撮影はこれで終了、後は夜の分です。

少し肌寒い中、夜の撮影へ・・・・・

EF65-2127未だにローテーションが理解できていない5971レ。

今夜はEF65-2127のカラシがチキコキタキを牽いてきました。

そして目的の工臨撮影のため移動。

DE10-1751蘇我ロンチキ工臨

おかしいな・・・新小岩にはDE10-1571が入っていたはずなのに・・・・

蘇我向けのロンチキを牽いてきたのはDE10-1751です。

どうもDE10-1571の調子が悪くなり、急きょ入れ替わったようでした。

ピカピカDE10-1571が撮影したかったので残念。

蘇我のロンチキは昨年の12月以来でした。

蘇我工臨

最後に、蘇我ロンチキ工臨を流し撮りして終わり・・・

と思っていましたが、ものすごくゆっくり走ってきたため、ほとんど流れませんでした。

これで撮影はすべて終了。

真夜中過ぎたら風が出てきて寒くなりました。