209系サイクルトレイン館山行き

209系サイクルトレイン館山行き

直虎もあとわずかの放送を残すのみ。

今回で、人格者だった甚兵衛さんが亡くなってしまいました。

このドラマでは、色々と伏線が忍ばせてあって、そこから結末を想像するのが楽しみです。

今回、家康が直虎を信頼しているから毒味はいらない云々のくだりがありましたが、あれで直政は少し目から鱗が落ちたのではないでしょうか。

うまい演出ですねえ・・・

岡崎衆と浜松衆との恩賞の差について家康が悩んでいるシーンがありましたが、実際、岡崎と浜松との間には少しばかり溝があったようです。

岡崎にいた石川数正は、瀬名と信康が亡くなったことについて責任を感じているようでしたが、家康は全然そうは思っていない・・・

でも、後々秀吉がつんつんとそのことについて数正をしつこくつついたようで、他にも理由はあったでしょうが石川数正は家康を裏切ってしまいますね。

ちなみに、酒井忠次の息子小五郎、万千代こと直政をいじめている小姓が酒井家を継いだとき、石高が少ないと忠次が家康に泣きつきました。

しかし、忠次が信康、瀬名事件のきっかけをつくった張本人であることを根にもっていた家康は、酒井家の石高を据え置くことにしました。

このときの酒井家の石高は、直政の1/4ほどだったと思います。

直虎は、ラストスパートで、どんなどんでん返しがあるのか楽しみですね。

さて、こちらもそろそろラストの209系サイクルトレイン。

来年からはB.B.BASEになります。

そのノーマル209系サイクルトレインが館山まで走るという事で、早朝でしたが撮影に。

209系E217系

雨は降っていませんでした。

蘇我駅では輪行するらしい人も何人か見かけましたね。

209系サイクルトレイン館山行き

南房総ではすでに小雨が降っているとか。

人気があるのか、このサイクルトレインは早々に予約で満員になっていました。

たたまずに自転車を電車に入れることができるとして、アイランド・ホームではまんま自転車を担いで跨線橋を渡って改札まで行かないとダメで、浜金谷とか、上総湊とか、佐貫町とか、新茂原とかは面倒。

アイランド・ホームの駅にはB.B.BASEは停車しないかな???

209系サイクルトレイン

209系サイクルトレインは、順調に館山方面に走って行きました。

少々涼しいほうがサイクリングに向いているので、今は良い季節です。

B.B.BASEもかっこよいけれど、見慣れた209系サイクルトレインがなくなるのは寂しいかも。

今回で、この209系サイクルトレインは終わりなんでしょうか????